英国ボソボソ暮らし

ヘッジなブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャシーのカメラ

1960年代初頭のオーストラリアのスクール生活の写真。小学校の校庭で撮った写真やガールガイドの写真など、当時の少女の生活ぶりを見せてくれるすてきな写真です。そのなかに、カメラを持った少女がいます。とても誇らしげにカメラを持っています。この娘の名前はキャシー。カメラがまだすべての家庭にいきわたっていなかった時代です。多くの写真がこのようなカメラで撮影されていました。

何気なく撮った一枚が、半世紀前の少女の感情をみごとに切り取っています。

School_photos.jpg

キャシーがもっているこのカメラを知りたくなりました。写真のなかに写っているカメラを拡大し、ネットでいろいろ調べてみました。

ボックス カメラ Kodak Brownie でした。

コダック ブローニーは、正式には「ブラウニー」と発音しますが日本では「ブローニー」という名前でとおっています。このカメラで使用されている幅広(6 cm)のフィルム(正式名称は 120 フィルム)のことを日本では「ブローニー判」と今でも呼んでいます。カメラの Brownie という名称は、カナダの人気コミック漫画からとったものだそうです。ブローニー カメラは、カメラの大衆化をねらったイーストマン コダック社が簡単なボックス型のカメラとして 1900 年に発売を開始したものです。以来、その簡便性と廉価性により、長期にわたって非常に人気のあるカメラとなります。最後のブローニーモデル Brownie Fiesta が生産を中止したのが 1970 年だそうです。100種にも及ぶ非常に長いシリーズでした。

1900 年発売当初の広告。1 ドルカメラとして大々的にセールスを展開したようです。漫画のキャラクタ「ブラウニー」が使われています。
1900_poster.jpg
(Source: http://www.brownie-camera.com)

米国の Federal Reserve Bank のサイトで昔のお金の価値を現在に換算してくれるところが見つかりました(http://www.minneapolisfed.org/)。1913年までしかさかのぼれませんでしたが、その当時の $1 は 2009年では$21.54 だそうです。当時としては非常に安いカメラだったんですね。コダックはフィルムで儲けようとしていたことが分かります。

1940年代に有名な写真家 Bert Hardy が「廉価なカメラでも優れた写真は撮れる」ということを示した1枚。
Bert_Hardy.jpg
(Source: http://www.flickr.com/photos/41249301@N00/285001100/)

キャシーが持っていたのは Brownie Flash III。1957 年に生産を開始し、1960 年に生産終了。まさにこのときのスクール時代と重なるモデルです。さっそくインターネットで入手可能かどうかを調べてみました。ありました、eBay である主婦の方が売りに出していました。おばさんのカメラが数十年間キャビネットに入ったままだったそうです。
eBay.jpg

さっそくゲット。非常に保存状態の良いカメラで、なんと送料込みで16ポンド(約2500円)で入手できました。

Brownie1.jpg Brownie2.jpg Brownie3.jpg

びっくりしたことにこのカメラにはフィルムが装填されたままになっていました。コマ番号は「1」。つまりまだ一枚も撮影されていない状態です。40年位前のフィルム、わくわくです。さっそく撮影してみました。が、ここで問題があることが分かりました。

このカメラで使用するフィルムは 620 型。取り出してみたら Kodacolor-X というフィルムです。フィルム現像が激減している昨今。調べてみたらこのフィルムの現像処理は C-22 というプロセスを使用します。現在ではまったく使われなくなったプロセスです。地元の現像所でも当然扱っていません。さらにネットで調べたら、イギリスで一軒だけいまだに C-22 現像を行ってくれるところが見つかりました。さっそくメールで問い合せたら、現像代が 20 ポンド、納期がなんと 6 ヶ月だそうです。どうも世界中からの注文を一人でこなしているお店のようです。

では、現在入手できるフィルムを流用できないだろうかと調べてみました。残念ながらフィルムのスプールの形状が若干異なるので、いまある 120 型フィルムは物理的にカメラに入りません。さらにネットで調べてみると、620 型と 120 型は、フィルムそのもののサイズは同じでスプールが違うだけということが分かりました。暗室でフィルムを巻きかえれば使用できるようです。あるいは 120 型のスプールを少し削ってしまえば、なんとかカメラに入るようです。

うーん、このカメラで撮影した画像を見られるのは、まだ先のようです。

BrownieCathy.jpg
BrownieHedgehog.jpg

はやく撮影してみたいなー



テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/09/06(日) 17:39:52|
  2. Holga カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21
<<どうしても食べたくなって。。 | ホーム | 普通の週末>>

コメント

レトロなカメラ

50年も前の一枚の写真から同型のカメラをゲットして、しかもこれからも撮影できるようにするヘッジホッグさんのスキルに驚きでーす。どんなふうに写るのか私も楽しみ。
ずっとしまわれていたカメラも本来のお仕事ができるようになって幸せを感じていることでしょう。ヘッジホッグさんの嬉しそうな写真もキャシーさんと同じようにステキですよ。
  1. 2009/09/08(火) 10:36:29 |
  2. URL |
  3. チロチャン #-
  4. [ 編集 ]

チロチャン、おはようございます

女性がレストランのことを話題にして楽しむのと同じように、男性はカメラいじりのことを話題にして楽しみます。

女性の話題ではなかったかもしれません。もっともあなたは理系でしたねぇ(大昔に、あはは)。

でも、冒頭の写真、いいと思いません?

>ヘッジホッグさんの嬉しそうな写真もキャシーさんと同じようにステキですよ。
けっきょくは、これが言ってもらいたかったのかもしれませんねー(笑)。
  1. 2009/09/08(火) 14:37:22 |
  2. URL |
  3. ヘッジホッグです #hb5ArteM
  4. [ 編集 ]

素敵ですぅ~♪

なんだか、このままどこかへ投稿されてはいかが?
というくらいの記事ですね、これは。
すごいです。。。
ヘッジホッグさんも不思議な方ですね。。。

数分前、久々に家でインターネットが使えるようになって
開いたヘッジホッグさんのページ。
一番下の写真がとっても素敵です!
  1. 2009/09/10(木) 10:12:52 |
  2. URL |
  3. メアリー #22UKzUiM
  4. [ 編集 ]

思い出のカメラ

キャッシーと同じような構図でのにこやかなヘッジホッグさんのお姿を見て、
心豊かなスローライフを過ごされている事と推測いたしました。
(学生時代に比べて体型も豊かになりましたネェ~~ )

今から50年以上も昔、父が2眼レフのカメラを買って、子供時代の私達を写してくれていました。
それから1眼レフが主流となってからも、そのカメラを愛用していて、
撮ってもらうのも、フイルムを買いに行かされるのも恥ずかしくなった自分を思い出しました。

あのカメラ どうなったでしょうか?
ヘッジホッグさんのような方なら、興味を持って使ってくださるかも・・・と
カメラを構える父の姿を懐かしく思い出しています。
  1. 2009/09/10(木) 11:05:26 |
  2. URL |
  3. ピーナッツ #-
  4. [ 編集 ]

メアリーさん

>ヘッジホッグさんも不思議な方ですね。。。
あはは、ふつうのおじさんですよー。
ほめられると単純に喜ぶふつうのおじさんです。
メアリーさんからはいつも喜びをたくさんいただいていて、とても感謝しております。

インターネットが使えるようになってよかったですね。
  1. 2009/09/10(木) 20:23:51 |
  2. URL |
  3. ヘッジホッグです #hb5ArteM
  4. [ 編集 ]

ピーナッツさん、はじめまして

そうですね、昔は2眼でしたね。よく覚えています、我が家にもありましたから。
東京の自宅の隣の地主さんが新聞社の写真部の部長で、そのひとと一緒にうちの父もアマチュアながら地元の写真クラブで活動をしていましたので、いくつかのカメラを所有していました。小学生のころは、週末の夜に黒幕を張って現像などをしておりました(笑)。
ピーナッツさんのお父さんはその2眼を愛用していたことが良く分かります。そのちょっと時代遅れのカメラで撮影されるのが恥ずかしかったという気持ちも、とってもよくわかります(あはは)。でもお父さんは、それがとっても誇りだったのでしょう。

>あのカメラ どうなったでしょうか?
中古市場ではまだ人気があると思います。安いトイ カメラの2眼モデルも最近発売されているくらいなので、好きな人はたくさんいるみたいです。7月の地元のオープンスタジオで若い女性写真家のスタジオ(自宅)を見にいったときに、ローライの2眼が飾ってありました。やっぱり若い人でもこういうレトロなカメラが好きなんですね。

>(学生時代に比べて体型も豊かになりましたネェ~~ )
ぎょぎょ、誰でしたですかー。ちょっと想像がつきません。同期ではなさそうですね。こんど管理人(私)だけが見られる通称「鍵コメ」で、そっと教えてくださいね。
  1. 2009/09/10(木) 20:43:45 |
  2. URL |
  3. ヘッジホッグです #hb5ArteM
  4. [ 編集 ]

キャシーの写真は奥さまのアルバムから見つけたのでしょうか。
もしそうなら、そこからヘッジホッグさんの愉しみ、悦び、そして男のロマン
(大袈裟!?(笑))に発展したというのもなかなか面白いことですね。
奥さまにしろヘッジホッグさんにしろ、お顔をバリバリ出していらっしゃいますが、
お元気なお姿をご覧になれる昔のお仲間にとっては嬉しいことなのだろうなと
想像しています。ヘッジホッグさんの茶目っ気、なかなか微笑ましい^^。
  1. 2009/09/11(金) 00:13:30 |
  2. URL |
  3. ロビン #2sQQXnjA
  4. [ 編集 ]

ロビンさん
はい家内のアルバムです。同級生だった親友だそうです。
まあ、そうですねぇ「おじんのロマン」というところでしょうか(笑)。
ブログをはじめる前に、ネットで検索して見つけたという大学時代の友人がおりまして、悪いことはできないなあと思ったことがあります。多少顔写真はだしても検索には引っかかりませんから大丈夫でしょう。
  1. 2009/09/11(金) 02:45:54 |
  2. URL |
  3. ヘッジホッグです #hb5ArteM
  4. [ 編集 ]

こんばんは~。
人のコメントを読みながら、何かニヤニヤしてしまいました。
ヘッジホッグさんってセンスいいですね。
この間の活動写真(違うって、)にしろ、この記事
にしろ、とても素敵です。

ヘッジホッグさん、最後のご自身の写真、いいですね。
  1. 2009/09/11(金) 06:12:47 |
  2. URL |
  3. maribaba #kSiDTJS6
  4. [ 編集 ]

maribabaさん
プロのデザイナーさんに褒めていただくと少し恥ずかしくなります。

>ヘッジホッグさん、最後のご自身の写真、いいですね。
これは、半世紀前のキャシーさんへの返礼です。時空を飛び越えて、
ここにリンクされています(本人が見たら真っ青、あはは)。
靴下を履いている写真、大好きなんです。
  1. 2009/09/11(金) 07:26:48 |
  2. URL |
  3. ヘッジホッグです #hb5ArteM
  4. [ 編集 ]

>靴下を履いている写真、大好きなんです。

 私もです。

いつかお会いするときには、靴下を履いて行きます(わー、気持ち悪い~)。
  1. 2009/09/11(金) 10:02:21 |
  2. URL |
  3. maribaba #kSiDTJS6
  4. [ 編集 ]

>いつかお会いするときには、靴下を履いて行きます(わー、気持ち悪い~)。

では私も「曜日付きの靴下」を履いてまいります(笑)。
  1. 2009/09/11(金) 10:06:51 |
  2. URL |
  3. ヘッジホッグです #hb5ArteM
  4. [ 編集 ]

ヘッジホッグさん、皆さんに写真ほめられて益々嬉しいですね♪ ずっとねだっていたおもちゃを買ってもらった男の子みたいですね、可愛いですよ~。
可愛いといえば、今こちらではカワイイという言葉が何にでも使われ、パリやロンドンの街頭でも日本語でカワイイを知っている若者が増えているとか。そしてこの頃では、「大人カワイイ」という言葉がファッション関係でよく使われます。流行りのフリルとかギャザーを少し大人風に取り入れて可愛さを出すんです。可愛いと思われる女が良いか、素敵と言われる大人の女が良いか、女性もなかなか大変(笑)
靴下ではmaribabasaさんと盛り上がっておられますが、私はとても懐かしいと思います。靴下に革靴というと、昔真っ白に洗い上げるために必死だったこと、靴も汚れが目立つ爪先がいつも気になっていたこと・・。
だからキャシーさんの写したラインダンスでもしている様なショットを見ると、同じように靴下を手洗いしていたのかなあ、とか、いろんな悩みを相談しあったのかなあなどと中高時代の自分に重ねてしまいます。いい写真です。あの頃の自分は好きではなかった・・なんてこともついでに思い出してしまいますよね~(笑)
  1. 2009/09/12(土) 02:09:52 |
  2. URL |
  3. アイスバーグ #-
  4. [ 編集 ]

最後の1枚に1票!!!
ブローニー判は私は使ったことがないのですが、
会社の上司のカメラコレクションを見せてもらったときに
あれこれ説明してもらいました。
私もこのカメラで撮った写真が早く見てみたいです!
私は最近、カメラ仲間(オジサンたちですが。笑)が増えて
楽しくカメラライフを送ってます^^
  1. 2009/09/12(土) 14:59:26 |
  2. URL |
  3. MIO #-
  4. [ 編集 ]

曜日付きの靴下、へー。
アイスバーグさんの靴下のお話、懐かしく読み
ました。そうでしたね~。
60年代の後半だったかな、やっぱり大人カワイイ
っぽい、「ベビードール」というのが流行りましたっけ。
ヘッジホッグさんのカワイさとは違いますけどね(笑)
  1. 2009/09/12(土) 18:31:27 |
  2. URL |
  3. maribaba #kSiDTJS6
  4. [ 編集 ]

曜日によって色分けしてるのでは^^?
洗った後もいち早くペアーにできるし(アハハ!)
  1. 2009/09/12(土) 18:53:26 |
  2. URL |
  3. ロビン #2sQQXnjA
  4. [ 編集 ]

アイスバーグさん

>ずっとねだっていたおもちゃを買ってもらった男の子みたいですね、可愛いですよ~。
はいはい、なんとでもいってください。憎たらしいといわれるよりはずーっとましですが...。

『かたちの日本美』という本を読み始めたら、「粋の系譜」というグラフのなかに日本美の歴史が時系列で書かれていました。
雅の文化 -> 風流の文化 -> 粋の文化 -> 綺麗の文化 -> カワイイ文化
2000年からは「カワイイ文化」なんですね、まったく知りませんでした。95年に日本を出てしまったので知らないわけだ。「可愛い」の語源は、もともとは「不憫だ」「気の毒だ」という意味だったのが「気の毒だから助けてあげたい」、さらには「愛らしい」に変わっていったとか。なるほど。で、「大人カワイイ」。うーん、わかんないです。ネットで調べてみました。「"大人かわいい"の御大・安田成美サマ。」という表現が見つかりました。このひとを見ればいいのでしょうか。

http://www.kanonshirabe.com/feature1101.html
あー和服姿が似合う方ですねー。なかなかステキです。でもこれはフツウの伝統的な美しさでしょ?
http://www.oricon.co.jp/news/photo/index.php?n_id=49713&p_id=p00200711160313743001195139345L
こういうのを「大人カワイイ」というんですかぁ。これもまあフツウのドレスっぽいですね。
わかりません、おじんには。

>昔真っ白に洗い上げるために必死だった...
セイシュンまっただなか、でしたね(過去形)
  1. 2009/09/12(土) 21:26:14 |
  2. URL |
  3. ヘッジホッグです #hb5ArteM
  4. [ 編集 ]

MIOさん

ブローニー判は35mmよりもずっと大きなフィルムなので、それだけで解像度を稼ぐことができます。
中古の2眼でも購入して、いつか試してみてください。
いい上司をおもちですねー、趣味が同じで気が合いそう。
  1. 2009/09/12(土) 21:27:08 |
  2. URL |
  3. ヘッジホッグです #hb5ArteM
  4. [ 編集 ]

maribabaさん

>ヘッジホッグさんのカワイさとは違いますけどね(笑)
はいはい、ダシにしてください。この「お礼」はいつか...。
  1. 2009/09/12(土) 21:28:44 |
  2. URL |
  3. ヘッジホッグです #hb5ArteM
  4. [ 編集 ]

ロビンさん

おっしゃるとおりです。色分けもされていて、洗濯後のペアリングが簡単です(笑)。
もっと重要なのは、「Monday」とかの文字入りなので、毎日ちゃんと履き替えができるようになっております(笑)、さすがに一週間は履き続けられないので(あはは)。
  1. 2009/09/12(土) 21:30:17 |
  2. URL |
  3. ヘッジホッグです #hb5ArteM
  4. [ 編集 ]

もうロビンさんたら、わはは。
大人をからかうもんじゃありません!

ここ、まるでいたずら書きコーナーみたい。
すんません。
  1. 2009/09/13(日) 10:49:57 |
  2. URL |
  3. maribaba #kSiDTJS6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hedgehoguk.blog23.fc2.com/tb.php/78-43b634ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヘッジホッグです

Author:ヘッジホッグです
95年から英国在住

ご訪問ありがとうございます。英国でハリネズミが歩くごとくボソボソと暮らしています(♂)。

気に入った記事には ヘッジホッグです ボタンを押してくれると嬉しいです。

コメントの入力ウィンドウが表示されていない場合は、コメント(記事下部)をクリックすると、コメントが入力できます。ひとこと書いてくださーい。名前(ニックネーム)とタイトルと本文だけで OK。パスワードを入れると後で自分で修正・削除できるみたいです。

ブログ ランキング参加中

下のボタンをポチッとお願いします。
blogram投票ボタン <----------

最近の記事(+コメント)

カテゴリ

日記 (57)
プラハの歩き方 (6)
ブリティッシュ アート (5)
蜷川幸雄ロンドン歌舞伎 (5)
Thriplow 水仙祭り (6)
旅行 (0)
Holga カメラ (3)
未分類 (1)

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。