英国ボソボソ暮らし

ヘッジなブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オープン スタジオ

毎年7月にケンブリッジではアーティストのスタジオ(つまり仏語のアトリエ)を一般に公開して自分の作品を展示してくれるイベント Cambridge Open Studios (http://www.camopenstudios.co.uk/)があります。7月中の土日が公開日にあてられています。はじまりは 1974年、6人で始めたんだそうです。今年は200名以上のアーティストが参加しています。毎年地域が拡大していき、いまでは市内から25kmも離れている別の街のアーティストも含まれています。

7月の4回の週末の土日で15人くらいのスタジオを訪問してみました。家内はフラワーペインティング、私は写真が中心でいっしょに見てまわり、ケンブリッジにはたくさんの優れたアーティストがいるんだなあと、あらためて感心しました。

フルタイムのプロとして生活できる方は限られていますが、多くのかたが趣味以上のクォリティをもつ優れたアーティストです。ほとんどのかたが、自宅の庭にあるシェッド(小さな納屋)をスタジオとして使用しています。これがまたなんとも素敵なスタジオなんです。

Open_Studio_IMG_1327.jpg


Rosemary Myers (http://www.cambridge-crafts.co.uk/rozmyers.html)
まずはうちの近くのアーティストさん。いろいろなメディアを使用して(おもに水彩)、地方の建物や風景を描いています。
ここは自宅を拡張して作った専用スタジオ。広々としたすばらしい仕事場でした。
私好みなので、作品のプリントを2つも購入してしまいました。
Open_Studio_IMG_1263.jpg

Open_Studio_IMG_1382 enhanced
(この人の作品のなかでは異色のモノクロ作品)


Janet Edwards (http://uk.geocities.com/janetedwards350@btinternet.com/)
うちと同じヴィレッジに住んでおり、家内のお気に入りのモチーフと作風なので、何回かお邪魔しています。1日ワークショップも開催しています。デザインはカーテン地に使われていたりもします。
Janet Edwards


Ann Miles (http://www.pin-sharp.co.uk/)
実力派の女性写真家といった感じです。レクチャーやコースの講師もしています。
この写真も含めて何点か購入。風景以外にも、さすがにプロの作品と思わせるものがたくさんありました。
Ann Miles


Tina Bone (http://www.tinabonedtp.co.uk/)
ボタニカル アーティストとして優れています。自宅に高価なジクレー プリンタを持っていて、作品のプリントのほかにカードやカレンダーなども製作しています。
Tina Bone


Peter Cavaciuti (http://www.numasters.com/artists/view_artist.asp?sup_id=62&sid=inactive)
以前の「陶芸教室」でも紹介した南画と茶道の先生。Royal Academyの展覧会にもたびたび採用されています。
Open_Studio_IMG_1367.jpg

Open_Studio_IMG_1368.jpg


Deborah Meyler (http://www.deborahmeyler.com/)
写真もペインティングもやる若きママさんマルチアーティストです。
Deborah Meyler

Deborah Meyler2

Open_Studio_IMG_1334.jpg

Open_Studio_IMG_1329.jpg
(ここも納屋がスタジオです)


Mary Banham (http://www.camopenstudios.co.uk/artist.php?id=485&mod=nme)
プロ好みの作品です。友人の建築家に特別にデザインして建ててもらった自宅兼スタジオも素晴らしかったです。
Open_Studio_IMG_1350.jpg

Open_Studio_IMG_1346.jpg


Barbara McGirr (http://www.camopenstudios.co.uk/artist.php?mod=art&id=426&su=&fi=&me=&sy=&wk=4)
上記のBanhamさん宅での共同開催。ボタニカル アートで有名ですが、絵本用の絵もあります。
Barbara McGirr

Open_Studio_IMG_1344.jpg
この絵(オリジナル)を買いました。トンボとハチも描かれているイラスト(絵本用)です。


Jen Parker (http://www.camopenstudios.co.uk/artist.php?mod=art&id=162&su=&fi=&me=&sy=&wk=3)
版画家です。素敵なお人柄でみなさんから好かれているようです。
Open_Studio_IMG_1356.jpg

Open Stuio Jen Parker


Amanda Hall (http://www.amandahall-illustration.com/)
絵本のイラストレータ。かなりの出版物があります。フルタイムのアーティストさんです。作品を見て、いっぺんで好きになりました。日本語でも出版されるといいのですが。

Open_Studio_IMG_1365.jpg
作品を思わせるような素敵な裏庭とスタジオ(シェッド)。

Open_Studio_IMG_1362.jpg

Open_Studio_IMG_1363.jpg

Open_Studio_IMG_1361.jpg

ほしい作品がたくさんありすぎます。



テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/07/31(金) 02:26:55|
  2. ブリティッシュ アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<夏の記憶 | ホーム | V&A ミュージアム>>

コメント

ほしいな・・・

私も  「ほしい作品がたくさんありすぎます。」 です。

どの方の作品も非常に斬新ですね。身近にアートのある生活はアーティストにとっても、それを自宅に持ち帰って飾ることができる人にとっても、めぐまれています。イギリス全体ではなく、ヘッジホッグさんのお住まいの近くがそのような地域なのでしょうか。
アーティストがデザインしたファブリックも素敵でしょうね。まるでウィリアム・モリスですね。

以前、ヨーロピアン・ポーセレン・アートを習っていました。ウィーンの小バラを描くはずが、菊の花やタコになってしまって苦労しました。見本があっても描くことは大変です。
  1. 2009/08/01(土) 10:49:00 |
  2. URL |
  3. チロチャン #-
  4. [ 編集 ]

チロチャン

ほんと、たくさん欲しくなります。ケンブリッジはとくにセミプロのアーティストさんが多いいのだと思います(と誰かが言っていました)。

ウィリアム・モリスのファブリック、素敵ですよね。V&A ミュージアムのカフェの壁もモリスのデザインが使われているそうです。ちなみに、このカフェは、世界で始めて美術館の中に作られたレストランなんだそうです。

ヨーロピアン・ポーセレン・アート...。これは絵付けですか。細かいデザインだから難しそうですね。英国陶器のデザイナーさんたちはそれなりに保護されているみたいです。陶器の収集も、手を出すと大変そうです(笑)。
  1. 2009/08/01(土) 21:44:14 |
  2. URL |
  3. ヘッジホッグです #hb5ArteM
  4. [ 編集 ]

わー、実際に見てみたいです!
こういう文化の高い環境の中に住んでらっしゃる
ヘッジホッグさんが羨ましいです。
アーティストのスタジオ、それぞれ個性がありま
すね。
シェッドのスタジオきれいな色に塗っていますね。
ここに載っている皆さんは、きれいに片付けていますが、
アーティストのスタジオやお部屋は乱雑になっていても、
どこか違うんです。
乱雑な美というか(笑)。



  1. 2009/08/02(日) 03:16:41 |
  2. URL |
  3. maribaba #kSiDTJS6
  4. [ 編集 ]

maribabaさん

まあケンブリッジは古い大学都市なので、小さい割には文化水準は高いと思います(と言われていますね)。

これだけ多くのアーティストを見にいったのは今年が初めてです。いつもは数人だけでしたから。熱心に応対してくれて、とっても面白かったですよ。やはり自宅を開放するので、みなさん綺麗に掃除をして飾っていらっしゃいました(笑)。来年見にきますかぁ。

ブログには書きませんでしたが、maribabaさん関連では、テキスタイルのアーティストさんで Munni Srivastava さんという方がいます。とってもすてきな壁掛けなどを製作しています。海外でも名前が売れているようで、日本でも展覧会をしたそうです。インドから切地を取り寄せているそうです。
http://www.munnisrivastava.com/artist.htm
http://yhi1971.com/topics/uk2008.html

この人に聞いて初めて知ったのですが、海外の展覧会となると、4年位前から話が始まり準備をするそうです。そんなに前から作品作りや準備をするものなんですねー。
  1. 2009/08/02(日) 06:34:32 |
  2. URL |
  3. ヘッジホッグです #hb5ArteM
  4. [ 編集 ]

ご親切に素敵なサイトをご紹介くださり
ありがとうございます。
Munni Srivastavaさんのシルクの壁掛け
デサインも素晴らしいですが、シルクなので、
発色がまた美しいですね。
4年も前から準備するなんて、私だったら
途中でだれちゃいそう(笑)。

このイベントはいつもこの時期にやるんです
よね。
いつもこの時期はスコットランドに帰らなくては
なりませんが、来年は夏休みの時期をずらそ
うかしら、、、。

  1. 2009/08/03(月) 04:36:03 |
  2. URL |
  3. maribaba #kSiDTJS6
  4. [ 編集 ]

maribabaさん

>このイベントはいつもこの時期にやるんですよね。
そうです。毎年7月です。でも、気に入った人がいたら直接連絡してみることもできるのではないでしょうか。
このブログ内のアーティストなら連絡できますよ。Cambridge Open Studios サイトでアーティストを検索してもいいでしょうし。

まあMunni Srivastavaさんの作品は見るだけでいいかも、けっこう高価なので(笑)。V&Aミュージアムの永久コレクションにも入ったと書いてあります、すごいですねぇ。ご本人は、小さなテラスハウスにひっそりと住んでいます(近々引っ越すとは言ってましたが)。
  1. 2009/08/03(月) 07:19:39 |
  2. URL |
  3. ヘッジホッグです #hb5ArteM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hedgehoguk.blog23.fc2.com/tb.php/71-f42e84d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヘッジホッグです

Author:ヘッジホッグです
95年から英国在住

ご訪問ありがとうございます。英国でハリネズミが歩くごとくボソボソと暮らしています(♂)。

気に入った記事には ヘッジホッグです ボタンを押してくれると嬉しいです。

コメントの入力ウィンドウが表示されていない場合は、コメント(記事下部)をクリックすると、コメントが入力できます。ひとこと書いてくださーい。名前(ニックネーム)とタイトルと本文だけで OK。パスワードを入れると後で自分で修正・削除できるみたいです。

ブログ ランキング参加中

下のボタンをポチッとお願いします。
blogram投票ボタン <----------

最近の記事(+コメント)

カテゴリ

日記 (57)
プラハの歩き方 (6)
ブリティッシュ アート (5)
蜷川幸雄ロンドン歌舞伎 (5)
Thriplow 水仙祭り (6)
旅行 (0)
Holga カメラ (3)
未分類 (1)

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。