英国ボソボソ暮らし

ヘッジなブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

名前について

この国に生活していて、いまだにこちらの人の名前が覚えられなくて困ります。漢字ですと覚えられるのですが、英語のスペルさえ知らない耳からだけの名前の場合はなおさら覚えられません。背景知識がないので、何かの登場人物や歴史上の人物に結び付けて覚えることができないのも一因なのかもしれません。ほとんどの場合は、わたしのもの覚えの悪さが原因ではあるのですが。こちらで生活する上で本当に困ります。

英語圏の国でも、名前には英語以外のさまざまな言語の名前が存在します。多民族と混ざり合ってきた歴史がありますから当然のことです。数世代前に移住してきたという家の場合、名前はジョンなどのように英語でも、姓はカルネのように英語ではないものもよく見かけます。ちなみにカルネさんは3世代前が東欧の出身で、後に名前の最初の文字のKをCに変えて多少はなじみやすくしたのだそうです。

逆に、まったく英国の家系なのに、つまり姓は英語名なのに、名が英語でない場合があります。女子の場合に多いように思います。娘に対する親の思いでしょうか。たとえば、先日お亡くなりになったケンブリッジ大学で日本学を創設なさったブラッカー女史は名前を Carmen といいます。英語読みではカーメンですので私たちもそのようにお呼びしていましたが、これはオペラでおなじみの「カルメン」のことです。スペイン語の名前です。日本では女史はカルメンさんだったと思います。事実、日本人向けの名刺にはカタカナでカルメンと表記されていたのを覚えています。ほかにも、たとえばLola(ローラ)という名前の知人がいます。身近にいる人で変わった名前では Inez(イネス)というひともいます。いずれもスペイン系の名前です。面白いことに、このような外国語が起源の名前を付けても、こちらの人たち、つまり英国人たちは、あまり違和感を感じないようです。ことさら家系にスペイン人の祖先がいるのだろうかとは想像しないそうです。この点が、ほぼ単一民族で何世紀にもわたって続いてきた日本の社会とは異なります。さすがに日本では両親が日本人の場合、娘に「ローラ」といった名前は付け難いのではないでしょうか。

話は飛んで桃山時代。1592年から1598年にかけて豊臣秀吉が朝鮮半島に遠征した戦というのがあります。文禄・慶長の役です。このときに朝鮮陶工の一団が日本に連行されてきます。1598年のできごとです。茶の湯の大成者・千利休が秀吉の命で自死したのが1591年ですから、当時は武家のあいだで茶の湯が盛んに行われていました。唐物という呼び方をされていた中国・朝鮮からの茶碗や茶入などの茶道具が当時のトップブランドでした。日本ではそのころようやく志野、織部、黄瀬戸、伊賀、信楽、備前などの陶器が出現してきますが、磁器はまだありませんでした。あの青や白の硬質の焼き物を作れる技術は日本にはありませんでした。中国に遅れること2000年、朝鮮に遅れること1000年だそうです。唐物としての輸入品があっただけです。したがってその高価な唐物を自国で作りたいという需要は非常に高かったようです。

陶工として薩摩藩に連れてこられた姓氏は、伸、李、朴、卞、林、鄭、車、姜、陳、崔、廬、沈、金、白、丁、何、朱の17氏だそうです。男女合わせて70名ほどが、異国の地(現在の鹿児島)で生活を始めることとなります。そのときから苦難に苦難を重ね、ようやく20年後に、白い陶磁器を焼くことのできる土とそれに適した窯と焼き方を見つけ出すことができます。この人たちの中に沈壽官(ちんじゅかん)という人がいました。薩摩焼の創始者です。

先月末にロンドンで行われた十五代沈壽官さんのレクチャーにいき、薩摩焼の歴史などをお聞きしてきました。司馬遼太郎の著書に『故郷忘じがたく候』というのがあります。朝鮮陶工のいきさつと沈壽官さんの代々のことが描かれています。鹿児島のその地に代々住み続けている家系で韓国姓を維持しているのは沈家などわずかだそうです。薩摩藩主からだいだい保護を受けてきて薩摩焼きを大成していった経緯があるとはいえ、400年の長きにわたり「沈」姓を守り続けるということはまさに驚愕です。多少外国人と接触を持っていて日本の中の外国人の生活のことを知っている人なら、日本の社会の中で外国姓を維持して行くことの含意がお分かりいただけるかもしれません。アイデンティティーとは何か、ルーツとは何かということを考えさせられます。

chinjukan.jpg
ご自分の姓名についてどう思うかという多少プライベートな質問に対し
10分近くもお答えいただいたことに感謝するとともに、ここに沈壽官と
いうお名前に対し敬意を表したいと思う。





スポンサーサイト

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/10/27(火) 11:01:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ビレッジ テニスクラブ

tennis-1.jpg village tennis club

4面のアスファルト コートと掘っ立て小屋のようなクラブハウスがあるだけの小さなテニスクラブです。月曜の夜と、水曜の夜と、土曜の午後は「クラブ デー」となっていて、メンバーが自由に集まり適当に組み合わせてダブルスを楽しみます。年会費が2万円弱、他には何もかかりません。ボール代も含まれています。非常に手軽にテニスが楽しめます。

イギリスはいまだに階級社会の雰囲気を残しています。その意味でスポーツも「クラス スポーツ」、つまり属する階級によって遊ぶスポーツが異なるという雰囲気が、ごくわずかですが残っています。伝統的に労働者階級のひとはテニスをやりませんでした。いまはほとんど差がありませんが、ラグビーとフットボールもクラス スポーツです。ラグビーは、公立の学校で授業として行うことは比較的低調ですが、私立の学校ではラグビーをやらないまたは低調なところはほとんどないのではないでしょうか。フットボールはいまや国民的スポーツですが、ことマナーの点に言及するとそれを揶揄するひとたちは存在します。

同じ敷地内のグラウンドで行われるフットボールの試合中に、いわゆる4文字言葉(f***)が聞こえてくると、「あいつらのマナーはなっていない」と批判したりします。テニスクラブでは、試合中にミスって “shit”(くそっ)と言いそうになるのですが、女性メンバーなどは「シ、シ...」とまで口から出掛かって、あわてて「シュガー」と言葉を換えてしまうことがあります。人間誰しも感情は同じなのですがその発露が違うというわけです。

毎年、クラブ内で公式の試合を行います。男子と女子のシングルス、ダブルス、ミックス ダブルスなどを行って優勝者を決めます。夏の期間にセミファイナルまで消化し、9月の末にファイナルだけをまとめて行います。この「ファイナル デー」に各部門の優勝者がすべて決まります。
tennis-2.jpg
tennis-3.jpg
tennis-4.jpg


10月の末に、クラブのディナーパーティーがあります(今年は昨日の土曜でした)。けっこう人が集まります。ここが、うちのクラブの不思議なところです。

4面の小さなテニスクラブに300名以上の会員がいます。半数以上はジュニアとアソシエート メンバーですから、大人のフルメンバーは120名くらいです。通常、クラブデーでプレーする人たち、つまりアクティブにクラブに出てきてプレーするメンバーはそのうちの40人くらいでしょうか。それが、ディナー パーティーとなると150名くらいが出席します。この国では(欧米の国はおしなべてそうでしょうけど)パーティーなどは夫婦かパートナー同伴で出席します。それを考慮してもあまりある人数の出席です。事実、ほとんど顔を合わせたことのない人たちやこのパーティーでしか見かけない人たちが少なからずいます。

テニス クラブはソーシャル クラブでもあるのです。社交の場としてのクラブです。歳をとってきてプレー自体はしないのですが、クラブのメンバーにとどまっている人たちです(会費が安いという理由もありますが)。これは地域や個々のクラブによって状況がかなり変わるとおもいますが、うちのクラブはそういう雰囲気があります。数年前には、ブラックタイ着用で(つまり黒のディナージャケットを着て)パーティーをやっていました。これが、掘っ立て小屋しかないわがテニスクラブの実態です。

昨日は、近くのゴルフクラブの場所を借りてのディナーパーティーでした。女性陣はふだんのテニスコート上のひととは想像もできないくらいドレスアップしてきます。一見しただけでは誰だか分からなかった女性がおりました(笑)。
Tennis_party_5.jpg Tennis_party_6.jpg


優勝者の授賞式
も行います。

Tennis_party_7.jpg
(女子ダブルス優勝者)

Tennis_party_8.jpg
(ミックスダブルス優勝者)

Tennis_party_9.jpg
(男子ダブルス優勝者)

Tennis_party_10.jpg
(ちなみに昨年の男子ダブルス優勝者はこのペアでした)

そろそろわたしもディナー会員だけになるかもしれません。




テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/10/19(月) 02:50:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

ヘッジホッグです

Author:ヘッジホッグです
95年から英国在住

ご訪問ありがとうございます。英国でハリネズミが歩くごとくボソボソと暮らしています(♂)。

気に入った記事には ヘッジホッグです ボタンを押してくれると嬉しいです。

コメントの入力ウィンドウが表示されていない場合は、コメント(記事下部)をクリックすると、コメントが入力できます。ひとこと書いてくださーい。名前(ニックネーム)とタイトルと本文だけで OK。パスワードを入れると後で自分で修正・削除できるみたいです。

ブログ ランキング参加中

下のボタンをポチッとお願いします。
blogram投票ボタン <----------

最近の記事(+コメント)

カテゴリ

日記 (57)
プラハの歩き方 (6)
ブリティッシュ アート (5)
蜷川幸雄ロンドン歌舞伎 (5)
Thriplow 水仙祭り (6)
旅行 (0)
Holga カメラ (3)
未分類 (1)

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。