英国ボソボソ暮らし

ヘッジなブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガーデン ランチ

ほとんど夏だけですが、庭でランチを食べます。

この夏の1ヶ月はあまり手入れをしなかったので、久しぶりにパティオを掃除し、芝生を刈りました。テーブルをきれいにしたら、ランチタイムです。

garden_lunch_IMG_1560.jpg

数日後に日本からお客様(フミさん)が来ました。

さっそく日のあたる場所にテーブルを移動してランチです。
garden_lunch_IMG_1579.jpg
garden_lunch_IMG_1577.jpg

コーヒーとラジオ。あとはハムとサラダの簡単なランチです。
garden_lunch_IMG_1582.jpg

こういうランチがとても好きです。



スミちゃん、なんか気になるのかい
Sumi_move2.gif



今週はスミとフミをよく間違えました(スミマセン、フミさん)。



スポンサーサイト

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/09/28(月) 07:55:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

スミのカメラ

視点の問題ということがあります。ふだんの自分の生活感覚では分からなかったことに気付かされることがたまにあります。

息子が小さかった頃、オーストラリア・パースの家内の両親のところに毎夏遊びに行っていました(親孝行です)。けっこう熱いです。プールサイドでのできごと。甲羅干しは芝生の上で行えるのでとても気持ちがいいものです。ビーチサンダルを履いてアイスクリームを買いに行ったりします。息子とプールサイドのコンクリートの上で周囲を見渡していたとき、息子が急に泣き出しました。とっさに他のお母さんが息子を抱えて芝生の上に戻してくれました。父親失格です。素足ではかなり熱かったのです。小さな子供の視点でものごとを考えることを始めて学びました。



今回は、わが家の愛犬スミの視点です。

2009_09_13_Bury St Edmunds_000200

スミは食事どきにダイニング テーブルのうえの食べものがとても気になるようです。たまに帰ってくる長男が、スミの人気取りのためにテーブルの下でそっと食べものを与えていました。いわゆる「袖の下」です。bribe(賄賂)。以来、スミは食事の進捗状況がとても気になるようです。一人が食べ終わると、もうそわそわします。遠目でしっかりと見ているんですね、と思っていたのですが、よくよく考えたら中型犬のスミにテーブルの上が見えるはずがありません。ここで、はっと気がつきました。ペットの視点というものがあるんだと。



ペットの目線で周囲を見てみたいとおもいます。

2009_09_12_Magog_0025.jpg01 2009_09_13_Bury St Edmunds_000302 2009_09_13_Bury St Edmunds_000403

2009_09_13_Bury St Edmunds_000804 2009_09_13_Bury St Edmunds_000905 2009_09_19_Village_0007.jpg06

2009_09_19_Village_0008.jpg07 2009_09_19_Village_0011.jpg08 2009_09_19_Village_0013.jpg09

2009_09_19_Village_0015.jpg10 2009_09_19_Village_0017.jpg11 2009_09_19_Village_0021.jpg12

2009_09_19_Village_0022.jpg13 2009_09_19_Village_0023.jpg14 2009_09_19_Village_0024.jpg15

2009_09_19_Village_0025.jpg16 2009_09_19_Village_0026.jpg17 2009_09_19_Village_0028.jpg18

2009_09_19_Village_0033.jpg19 2009_09_19_Village_0035.jpg20 2009_09_19_Village_0036.jpg21

2009_09_19_Village_0037.jpg22 2009_09_19_Village_0039.jpg23 2009_09_19_Village_0040.jpg24


2009_09_12_Magog_0019.jpg25
(スミも名カメラマンだなぁ)


好きな写真があったら教えてください、スミに伝えておきます。

----------------------------
Pet's Eye View camera (これ)
Sumis_camera.jpg

自動焦点、自動露光(のようです)
解像度  : 640 x 480 ピクセル
撮影間隔: 1 分、5 分、または 15 分
撮影枚数: 最大 40 枚(一回につき)



おまけ
2009_09_13_Bury St Edmunds_0034
むむっ、ベッドの上に乗っていましたね!
いやご主人様が乗っていいと言ったんです、ワン

------------------------------
みなさん、投票ありがとう ワンワン
Sumi_shika_DSC01011.jpg


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/09/20(日) 03:12:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

どうしても食べたくなって。。

「どうしても食べたくなって。。」というのはブログ仲間の表題のパクリですが、こちらで生活をしていると和食がどうしても食べたくなるときがあります。たとえばバッテラ食べたいなーと。昨年そんな思いに駆られて、じゃー自分で作ってしまおうとネットを調べたらレシピーがたくさん見つかりました。やってみたら、けっこういけます。それ以来、新鮮な鯖(マッカレル)が見つかると、鯖の押し寿司を作っています。

鯖の押し寿司
材料はとても簡単。
鯖(一尾で 1.5~2人分)
塩(大量)
すし酢(出来合いの瓶詰めを常備しておくと、何にでも使えてとっても便利。餃子のタレにも使えます)
昆布(これはあったほうがだんぜん美味しくなります)
紅生姜(なくても可)
すし飯(炊き立てのご飯にすし酢をかけたもの)
すのこ
ラップフィルム

1. 鯖を三枚に下ろす。(自分でできない人はスーパーの人に「フィレ」にしてくださいと頼むとやってくれます)
2. 小骨は残っていても酢に漬けるとまったく違和感なく食べられるくらい柔らかくなりますから、気にしないこと。ここで薄皮を剥がしてもよいし、最後に剥がしてもよい。
3. 三枚に下ろした身に塩をたくさん、文字通りたくさんかけて30分から1時間近く放置し、塩締めします。身から水分がたくさん出てきます。
4. 塩締めした身を水でよく塩抜きします。ボールの水を5回くらい取り替えるくらいの洗い方でいいかも。(塩気を完全に抜かないこと)
5. プラスチック容器に鯖を入れ、間に昆布を敷きます。そこにすし酢をかぶるくらいに入れ、一晩漬けます。わたしは一日くらい冷蔵庫で漬けてます。

6. お米をたいて、すしご飯を作ります。
Saba_sushi_IMG_1483.jpg


7. 棒状にまとめておくと便利です。
Saba_sushi_IMG_1485.jpg


8. 尾近くの細い部分を切り落とします。
(切ったものを重ねて形良く長方形にするようによくレシピーには書いてありますが、めんどうなので切りっぱなしでOK。切ったものをどんどん味見として食べちゃいます)
Saba_sushi_IMG_1486.jpg


9. すのこの上にラップを敷き、すし飯、紅生姜(あれば)、鯖をのせます。
Saba_sushi_IMG_1487.jpg


10. 包んでからごしごし形良く押します。
Saba_sushi_IMG_1488.jpg
(当然、両側にご飯がはみ出しますが、気にしないこと。後で切り捨てます。もちろん口の中に捨てます、あはは)

11. 一口の大きさに切って、できあがりです。
Saba_sushi_IMG_1490.jpg


食べる直前に、クッキング用のブロートーチ(これ)で表面を焼きます。パチパチ焦げるくらい焼きます。

おいしいですよー、試してみてください。
先週の木曜夜に準備し、金曜日のお茶のお稽古にもっていったら、大うけでした。




テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/09/15(火) 19:00:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

キャシーのカメラ

1960年代初頭のオーストラリアのスクール生活の写真。小学校の校庭で撮った写真やガールガイドの写真など、当時の少女の生活ぶりを見せてくれるすてきな写真です。そのなかに、カメラを持った少女がいます。とても誇らしげにカメラを持っています。この娘の名前はキャシー。カメラがまだすべての家庭にいきわたっていなかった時代です。多くの写真がこのようなカメラで撮影されていました。

何気なく撮った一枚が、半世紀前の少女の感情をみごとに切り取っています。

School_photos.jpg

キャシーがもっているこのカメラを知りたくなりました。写真のなかに写っているカメラを拡大し、ネットでいろいろ調べてみました。

ボックス カメラ Kodak Brownie でした。

コダック ブローニーは、正式には「ブラウニー」と発音しますが日本では「ブローニー」という名前でとおっています。このカメラで使用されている幅広(6 cm)のフィルム(正式名称は 120 フィルム)のことを日本では「ブローニー判」と今でも呼んでいます。カメラの Brownie という名称は、カナダの人気コミック漫画からとったものだそうです。ブローニー カメラは、カメラの大衆化をねらったイーストマン コダック社が簡単なボックス型のカメラとして 1900 年に発売を開始したものです。以来、その簡便性と廉価性により、長期にわたって非常に人気のあるカメラとなります。最後のブローニーモデル Brownie Fiesta が生産を中止したのが 1970 年だそうです。100種にも及ぶ非常に長いシリーズでした。

1900 年発売当初の広告。1 ドルカメラとして大々的にセールスを展開したようです。漫画のキャラクタ「ブラウニー」が使われています。
1900_poster.jpg
(Source: http://www.brownie-camera.com)

米国の Federal Reserve Bank のサイトで昔のお金の価値を現在に換算してくれるところが見つかりました(http://www.minneapolisfed.org/)。1913年までしかさかのぼれませんでしたが、その当時の $1 は 2009年では$21.54 だそうです。当時としては非常に安いカメラだったんですね。コダックはフィルムで儲けようとしていたことが分かります。

1940年代に有名な写真家 Bert Hardy が「廉価なカメラでも優れた写真は撮れる」ということを示した1枚。
Bert_Hardy.jpg
(Source: http://www.flickr.com/photos/41249301@N00/285001100/)

キャシーが持っていたのは Brownie Flash III。1957 年に生産を開始し、1960 年に生産終了。まさにこのときのスクール時代と重なるモデルです。さっそくインターネットで入手可能かどうかを調べてみました。ありました、eBay である主婦の方が売りに出していました。おばさんのカメラが数十年間キャビネットに入ったままだったそうです。
eBay.jpg

さっそくゲット。非常に保存状態の良いカメラで、なんと送料込みで16ポンド(約2500円)で入手できました。

Brownie1.jpg Brownie2.jpg Brownie3.jpg

びっくりしたことにこのカメラにはフィルムが装填されたままになっていました。コマ番号は「1」。つまりまだ一枚も撮影されていない状態です。40年位前のフィルム、わくわくです。さっそく撮影してみました。が、ここで問題があることが分かりました。

このカメラで使用するフィルムは 620 型。取り出してみたら Kodacolor-X というフィルムです。フィルム現像が激減している昨今。調べてみたらこのフィルムの現像処理は C-22 というプロセスを使用します。現在ではまったく使われなくなったプロセスです。地元の現像所でも当然扱っていません。さらにネットで調べたら、イギリスで一軒だけいまだに C-22 現像を行ってくれるところが見つかりました。さっそくメールで問い合せたら、現像代が 20 ポンド、納期がなんと 6 ヶ月だそうです。どうも世界中からの注文を一人でこなしているお店のようです。

では、現在入手できるフィルムを流用できないだろうかと調べてみました。残念ながらフィルムのスプールの形状が若干異なるので、いまある 120 型フィルムは物理的にカメラに入りません。さらにネットで調べてみると、620 型と 120 型は、フィルムそのもののサイズは同じでスプールが違うだけということが分かりました。暗室でフィルムを巻きかえれば使用できるようです。あるいは 120 型のスプールを少し削ってしまえば、なんとかカメラに入るようです。

うーん、このカメラで撮影した画像を見られるのは、まだ先のようです。

BrownieCathy.jpg
BrownieHedgehog.jpg

はやく撮影してみたいなー



テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/09/06(日) 17:39:52|
  2. Holga カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

普通の週末

今週はロング ウィークエンド(月曜が休日)。一般家庭、とくに学校に通っている子供のいる家庭では、夏休みの最後を家族全員で旅行に出かけます。

わがやは久しぶりに家族全員がそろい、普通の週末です。わたしは金曜までに仕事を一段落させて久しぶりの連休。家内は長期の旅行から帰ってきたので雑用の整理。長男はフラット(つまりアパート)を変えなければならないので一時的に帰宅。次男は大学入学への準備。

まずは年に一度のブックフェア(古本屋主催のバーゲン)へ。アンティーク関係の本を2冊ほど購入。スミを連れてイーリーまで遠出。本屋さんに寄り、散歩をして、お茶を飲んで帰ってきました。

それだけの、のんびりした、ふつうの週末。

Weekend.jpg

さて、右下の写真はどこでしょう、ティーセットが置いてあります。建物のなかのどの部屋でしょうか、わかりますか?
答えは、続きをどうぞ。


続きを読む

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/09/01(火) 15:11:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

ヘッジホッグです

Author:ヘッジホッグです
95年から英国在住

ご訪問ありがとうございます。英国でハリネズミが歩くごとくボソボソと暮らしています(♂)。

気に入った記事には ヘッジホッグです ボタンを押してくれると嬉しいです。

コメントの入力ウィンドウが表示されていない場合は、コメント(記事下部)をクリックすると、コメントが入力できます。ひとこと書いてくださーい。名前(ニックネーム)とタイトルと本文だけで OK。パスワードを入れると後で自分で修正・削除できるみたいです。

ブログ ランキング参加中

下のボタンをポチッとお願いします。
blogram投票ボタン <----------

最近の記事(+コメント)

カテゴリ

日記 (57)
プラハの歩き方 (6)
ブリティッシュ アート (5)
蜷川幸雄ロンドン歌舞伎 (5)
Thriplow 水仙祭り (6)
旅行 (0)
Holga カメラ (3)
未分類 (1)

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。