英国ボソボソ暮らし

ヘッジなブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

青空のことについて

先日ぐずついた朝が午後になって天気がよくなったので犬を連れて近くの丘に散歩にいってきました。

Blue_SkyIMG_1417.jpg

夏の青空は暗いじめじめとした冬とは対照的な空です。よく晴れた青空は写真に撮ると緑の草とともにとてもよく映えます。なにより気持ちが晴れ晴れとします。これは万人に共通の気持ちです。心にしみる音楽、美味しい食べ物、美しい装飾。おおかたの人に受け入れられる、なにか普遍的な美・爽快さとでもいうものがこの世の中にはあるのでしょうか。青空もそのひとつです。こんなことを考えるとき、いつもひとつの話を思い出します。

英国にきて間もないころ夜間の英語クラスにいっていたときの先生の話。もう名前は忘れましたが彼女は長い間、南アフリカで学校の先生をしていたそうです。教室でお会いしたときは50代半ばに達していたでしょうか。かなり長く南アフリカで生活をしていたようです。その前年くらいに英国に戻ってこられたそうですが、その理由は「長年南アフリカの青空の下で暮らしていると英国の気候が恋しくなってくるのよ。毎日毎日、青空でしょ。どこを見ても青い空ばかり。あまり変化がないの。歳をとってくるとイギリスのじめじめした空が恋しくなってしまって、オホホ」としみじみと語っておりました。

そのころはまだ実感としてはいまひとつ分かりませんでしたが、このごろはそのことが良く分かるようになってきたきがします。そうなんですね、この人にとっては、故郷のどんよりとした曇り空が、理屈を超えた心のなかの領域で、生き続けているんですね。たんに美しいということを超えた何かとしてこの人のなかに存在しているんですね。生まれ育った風土への愛着が、無意識となって心の奥深くに刻み込まれているんですね。三つ子の魂百までとは、よくいったものです。

日本の場合もかなり強烈な文化・風土をもっています。それがわたしたちの無意識の領域に沁みこんでいます。価値観のようなものも違います。小さいときに移り住んだ場合はそれが弱いので、新しい風土に順応していけます。大人になってから移り住んだ場合は、そうはいきません。程度の差はありますが、これらの違いはおそらく超えられないものです。頭で、理屈で、解決していく問題ではないので、ほとんど順応しきれないものがあります。とはいっても、幼い子供の場合は順応していきます。大人の場合も長年住んでいけば無意識のうちに少しずつ変わっていきます。そのとき、アイデンティティが変わります。「なにじん」になっていくのでしょうか。ひとは周囲の人と喜びや悲しみ、美味しさ、美しさ、価値観を共有していかないと生きていけません。

最近ある人から、ひとつの祈りの言葉を教えてもらいました。
God grant me the serenity
To accept the things I cannot change;
Courage to change the things I can;
And wisdom to know the difference.
神様、どうか私に
「自分にはどうすることもできないもの」を受け入れる平静と、
「自分が変えられるもの」に立ち向かう勇気と、
そして、その2つの違いを理解できる賢明さを与えて下さい。

これが、お互いが異文化の中で生きていくための智恵なのかもしれません。



注: これはメアリーさんの訳です(http://wonderlandmexico.blog126.fc2.com/blog-entry-18.html)。お声をかけてあげてください。


スポンサーサイト

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/08/21(金) 09:08:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

Sea Bass をたべる

今晩は何を食べようかとスーパーにでかけたら、活きの良さそうな Sea Bass が 1 匹見つかりました。スズキです。あとさき考えずにえいっと買ってしまいました。

SeabassIMG_1432.jpg


帰宅後、どうしようかとネットでレシピーを調べたら、刺身が美味しそうでした。まあ何とかなるでしょう。

SeabassIMG_1433.jpgけっこう大きいです。

SeabassIMG_1434.jpg
まずは頭をちょん切ります。

SeabassIMG_1436.jpg
とりあえずなんとか三枚に。

SeabassIMG_1437.jpg
皮を剥いで、準備万端です。

SeabassIMG_1438.jpg
骨の部分は、お吸い物に。

SeabassIMG_1439.jpg

身は刺身にして氷水にさっとつけて洗いふうに。吸い物には庭のチャイブをあしらって。さて出来上がりです。
今晩はシーバスの刺身を食べましたという、なんということもないご報告です。

(1時間後のいまでも生きていますから大丈夫だったようです)



テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/08/20(木) 06:10:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Old School Days

いまごろは46年ぶりの同窓会を終えて、ケアンズから成田へ向かうジェットのなかにいるころだろうか。
1950年代後半から60年代前半。オーストラリアの田舎のボーディング スクールのときの古い写真です。




こんなところでこんな生活をしていたんですね、あなたは。



  1. 2009/08/13(木) 17:32:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Holga ピンホール カメラ

寝室の雨戸の節穴から、朝日と共に外の景色が、障子に映りこんでいた
子供のときに、親戚のうちに泊まりに行ったときの思い出
そんな経験ありませんか



camera obscura

実は Holga 120 GCFN と同時に Holga 120 PC (ピンホール カメラ) も購入してしまいました。こちらが本命だったかもしれません(笑)。

holga-120-pinhole.jpg

レンズがまったくないただの箱。0.25 mm の小さなピンホールが開いているだけ。

いくつか写真を紹介します。


Holga_Pinhole_1.jpg
こんなピントの画像が得られます(コンピュータで処理するともう少しシャープにできます)


Holga_Pinhole_2.jpg
レンズがないのでパンフォーカス、つまり近くも遠くも、どこにでも焦点が合います


Holga_Pinhole_3.jpg
レンズによる歪みがないので完全なパースペクティブ、つまり直線はまっすぐに写ります



Holga_Pinhole_4.jpg

穴だけでこれだけの画像が得られます、あなどれない写真機です


カメラ:   Holga 120 PC(ピンホール カメラ)
フィルム:  Fuji Velvia 100
露光時間: 10~15 秒程度




テーマ:トイカメラ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/07(金) 08:04:13|
  2. Holga カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

夏の記憶

新しいカメラ Holga 120 GCFN で夏を撮ってきました。

レミントン・スパにて

ボウリング クラブでちょうどレディーズ・ナショナル・チャンピオンシップが行われていました。

Memory_of_Summer_2009_0.jpg
ボウリング クラブ 1  (これだけ充実したクラブは他にはありません)


Memory_of_Summer_2009_1.jpg
ボウリング クラブ 2  (女子全国大会です)


Memory_of_Summer_2009_2.jpg
ボウリング クラブ 3   (これはローンボウル、つまり芝生の上でプレーする英国独特のボウリングです)



テニス コート。実は息子のガールフレンドの家族とテニス試合をするためにここにやってきました。

Memory_of_Summer_2009_3.jpg
テニス コート 1  (市営のコートです)


Memory_of_Summer_2009_4.jpg
テニス コート 2  (また負けてしまいました)


自宅の庭にて


Memory_of_Summer_2009_10.jpg
自宅の庭 1  (愛犬スミ)


Memory_of_Summer_2009_11.jpg
自宅の庭 2  (ガーデン ファニチャー)


Memory_of_Summer_2009_12.jpg
自宅の庭 3  (朝顔が咲きました)


使用したカメラ

Holga 120 GCFN

カメラ: Holga 120 GCFN
トイ・カメラ、つまりおもちゃ並みのカメラです。eBay で香港のショップから取り寄せました。1台3,000円くらいでした(笑)。
最近、一部の愛好家やアーティストのあいだで人気があります。デジタル カメラにはない色調の写真が撮れます。

フィルムは手で巻き上げます。これを忘れると二重露光になってしまいます(もう数枚失敗してしまいました)。レンズキャップも外すことをよく忘れます(捨ててしまえ、と書いている愛好家サイトもありました、なるほど)。

カメラ調整はありません。f8、1/100秒固定です。曇りの日には高感度フィルムを使用することで「露光調整」します(笑)。

フィルム: Fuji Velvia 100
フィルム2本とその現像代でこのカメラが購入できてしまうくらい、カメラが安い(というより)フィルム代が高いです。ケンブリッジに1軒だけブローニー判のフィルムを現像してくれるお店がありました(よかった!)



おまけ
Holga_me.jpg

テーマ:トイカメラ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/05(水) 08:00:41|
  2. Holga カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

ヘッジホッグです

Author:ヘッジホッグです
95年から英国在住

ご訪問ありがとうございます。英国でハリネズミが歩くごとくボソボソと暮らしています(♂)。

気に入った記事には ヘッジホッグです ボタンを押してくれると嬉しいです。

コメントの入力ウィンドウが表示されていない場合は、コメント(記事下部)をクリックすると、コメントが入力できます。ひとこと書いてくださーい。名前(ニックネーム)とタイトルと本文だけで OK。パスワードを入れると後で自分で修正・削除できるみたいです。

ブログ ランキング参加中

下のボタンをポチッとお願いします。
blogram投票ボタン <----------

最近の記事(+コメント)

カテゴリ

日記 (57)
プラハの歩き方 (6)
ブリティッシュ アート (5)
蜷川幸雄ロンドン歌舞伎 (5)
Thriplow 水仙祭り (6)
旅行 (0)
Holga カメラ (3)
未分類 (1)

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。