英国ボソボソ暮らし

ヘッジなブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏の記憶

新しいカメラ Holga 120 GCFN で夏を撮ってきました。

レミントン・スパにて

ボウリング クラブでちょうどレディーズ・ナショナル・チャンピオンシップが行われていました。

Memory_of_Summer_2009_0.jpg
ボウリング クラブ 1  (これだけ充実したクラブは他にはありません)


Memory_of_Summer_2009_1.jpg
ボウリング クラブ 2  (女子全国大会です)


Memory_of_Summer_2009_2.jpg
ボウリング クラブ 3   (これはローンボウル、つまり芝生の上でプレーする英国独特のボウリングです)



テニス コート。実は息子のガールフレンドの家族とテニス試合をするためにここにやってきました。

Memory_of_Summer_2009_3.jpg
テニス コート 1  (市営のコートです)


Memory_of_Summer_2009_4.jpg
テニス コート 2  (また負けてしまいました)


自宅の庭にて


Memory_of_Summer_2009_10.jpg
自宅の庭 1  (愛犬スミ)


Memory_of_Summer_2009_11.jpg
自宅の庭 2  (ガーデン ファニチャー)


Memory_of_Summer_2009_12.jpg
自宅の庭 3  (朝顔が咲きました)


使用したカメラ

Holga 120 GCFN

カメラ: Holga 120 GCFN
トイ・カメラ、つまりおもちゃ並みのカメラです。eBay で香港のショップから取り寄せました。1台3,000円くらいでした(笑)。
最近、一部の愛好家やアーティストのあいだで人気があります。デジタル カメラにはない色調の写真が撮れます。

フィルムは手で巻き上げます。これを忘れると二重露光になってしまいます(もう数枚失敗してしまいました)。レンズキャップも外すことをよく忘れます(捨ててしまえ、と書いている愛好家サイトもありました、なるほど)。

カメラ調整はありません。f8、1/100秒固定です。曇りの日には高感度フィルムを使用することで「露光調整」します(笑)。

フィルム: Fuji Velvia 100
フィルム2本とその現像代でこのカメラが購入できてしまうくらい、カメラが安い(というより)フィルム代が高いです。ケンブリッジに1軒だけブローニー判のフィルムを現像してくれるお店がありました(よかった!)



おまけ
Holga_me.jpg
スポンサーサイト

テーマ:トイカメラ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/05(水) 08:00:41|
  2. Holga カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Holga ピンホール カメラ

寝室の雨戸の節穴から、朝日と共に外の景色が、障子に映りこんでいた
子供のときに、親戚のうちに泊まりに行ったときの思い出
そんな経験ありませんか



camera obscura

実は Holga 120 GCFN と同時に Holga 120 PC (ピンホール カメラ) も購入してしまいました。こちらが本命だったかもしれません(笑)。

holga-120-pinhole.jpg

レンズがまったくないただの箱。0.25 mm の小さなピンホールが開いているだけ。

いくつか写真を紹介します。


Holga_Pinhole_1.jpg
こんなピントの画像が得られます(コンピュータで処理するともう少しシャープにできます)


Holga_Pinhole_2.jpg
レンズがないのでパンフォーカス、つまり近くも遠くも、どこにでも焦点が合います


Holga_Pinhole_3.jpg
レンズによる歪みがないので完全なパースペクティブ、つまり直線はまっすぐに写ります



Holga_Pinhole_4.jpg

穴だけでこれだけの画像が得られます、あなどれない写真機です


カメラ:   Holga 120 PC(ピンホール カメラ)
フィルム:  Fuji Velvia 100
露光時間: 10~15 秒程度




テーマ:トイカメラ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/07(金) 08:04:13|
  2. Holga カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

キャシーのカメラ

1960年代初頭のオーストラリアのスクール生活の写真。小学校の校庭で撮った写真やガールガイドの写真など、当時の少女の生活ぶりを見せてくれるすてきな写真です。そのなかに、カメラを持った少女がいます。とても誇らしげにカメラを持っています。この娘の名前はキャシー。カメラがまだすべての家庭にいきわたっていなかった時代です。多くの写真がこのようなカメラで撮影されていました。

何気なく撮った一枚が、半世紀前の少女の感情をみごとに切り取っています。

School_photos.jpg

キャシーがもっているこのカメラを知りたくなりました。写真のなかに写っているカメラを拡大し、ネットでいろいろ調べてみました。

ボックス カメラ Kodak Brownie でした。

コダック ブローニーは、正式には「ブラウニー」と発音しますが日本では「ブローニー」という名前でとおっています。このカメラで使用されている幅広(6 cm)のフィルム(正式名称は 120 フィルム)のことを日本では「ブローニー判」と今でも呼んでいます。カメラの Brownie という名称は、カナダの人気コミック漫画からとったものだそうです。ブローニー カメラは、カメラの大衆化をねらったイーストマン コダック社が簡単なボックス型のカメラとして 1900 年に発売を開始したものです。以来、その簡便性と廉価性により、長期にわたって非常に人気のあるカメラとなります。最後のブローニーモデル Brownie Fiesta が生産を中止したのが 1970 年だそうです。100種にも及ぶ非常に長いシリーズでした。

1900 年発売当初の広告。1 ドルカメラとして大々的にセールスを展開したようです。漫画のキャラクタ「ブラウニー」が使われています。
1900_poster.jpg
(Source: http://www.brownie-camera.com)

米国の Federal Reserve Bank のサイトで昔のお金の価値を現在に換算してくれるところが見つかりました(http://www.minneapolisfed.org/)。1913年までしかさかのぼれませんでしたが、その当時の $1 は 2009年では$21.54 だそうです。当時としては非常に安いカメラだったんですね。コダックはフィルムで儲けようとしていたことが分かります。

1940年代に有名な写真家 Bert Hardy が「廉価なカメラでも優れた写真は撮れる」ということを示した1枚。
Bert_Hardy.jpg
(Source: http://www.flickr.com/photos/41249301@N00/285001100/)

キャシーが持っていたのは Brownie Flash III。1957 年に生産を開始し、1960 年に生産終了。まさにこのときのスクール時代と重なるモデルです。さっそくインターネットで入手可能かどうかを調べてみました。ありました、eBay である主婦の方が売りに出していました。おばさんのカメラが数十年間キャビネットに入ったままだったそうです。
eBay.jpg

さっそくゲット。非常に保存状態の良いカメラで、なんと送料込みで16ポンド(約2500円)で入手できました。

Brownie1.jpg Brownie2.jpg Brownie3.jpg

びっくりしたことにこのカメラにはフィルムが装填されたままになっていました。コマ番号は「1」。つまりまだ一枚も撮影されていない状態です。40年位前のフィルム、わくわくです。さっそく撮影してみました。が、ここで問題があることが分かりました。

このカメラで使用するフィルムは 620 型。取り出してみたら Kodacolor-X というフィルムです。フィルム現像が激減している昨今。調べてみたらこのフィルムの現像処理は C-22 というプロセスを使用します。現在ではまったく使われなくなったプロセスです。地元の現像所でも当然扱っていません。さらにネットで調べたら、イギリスで一軒だけいまだに C-22 現像を行ってくれるところが見つかりました。さっそくメールで問い合せたら、現像代が 20 ポンド、納期がなんと 6 ヶ月だそうです。どうも世界中からの注文を一人でこなしているお店のようです。

では、現在入手できるフィルムを流用できないだろうかと調べてみました。残念ながらフィルムのスプールの形状が若干異なるので、いまある 120 型フィルムは物理的にカメラに入りません。さらにネットで調べてみると、620 型と 120 型は、フィルムそのもののサイズは同じでスプールが違うだけということが分かりました。暗室でフィルムを巻きかえれば使用できるようです。あるいは 120 型のスプールを少し削ってしまえば、なんとかカメラに入るようです。

うーん、このカメラで撮影した画像を見られるのは、まだ先のようです。

BrownieCathy.jpg
BrownieHedgehog.jpg

はやく撮影してみたいなー



テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/09/06(日) 17:39:52|
  2. Holga カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

プロフィール

ヘッジホッグです

Author:ヘッジホッグです
95年から英国在住

ご訪問ありがとうございます。英国でハリネズミが歩くごとくボソボソと暮らしています(♂)。

気に入った記事には ヘッジホッグです ボタンを押してくれると嬉しいです。

コメントの入力ウィンドウが表示されていない場合は、コメント(記事下部)をクリックすると、コメントが入力できます。ひとこと書いてくださーい。名前(ニックネーム)とタイトルと本文だけで OK。パスワードを入れると後で自分で修正・削除できるみたいです。

ブログ ランキング参加中

下のボタンをポチッとお願いします。
blogram投票ボタン <----------

最近の記事(+コメント)

カテゴリ

日記 (57)
プラハの歩き方 (6)
ブリティッシュ アート (5)
蜷川幸雄ロンドン歌舞伎 (5)
Thriplow 水仙祭り (6)
旅行 (0)
Holga カメラ (3)
未分類 (1)

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。