英国ボソボソ暮らし

ヘッジなブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブリティッシュ アート

身近にあるアートたち

UK パンツ 1

UK パンツ 2

UK パンツ 3

UK パンツ 4

Socks Sunday

Socks Monday

Socks Tuesday

Socks Wednesday







[This pair is in use today]







Socks Friday

Socks Saturday


スポンサーサイト

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/03/12(木) 16:46:32|
  2. ブリティッシュ アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ドロレスとマーガレット

Dolores
ドロレス

わたしドロレス。いつもこの隅にいるの。聞こえるー?



Margaret
マーガレット

でもどりのマーガレット。ずーっとオーストラリアにいましたのよ。



テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/03/20(金) 20:48:27|
  2. ブリティッシュ アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アートカレッジ

卒業作品展

大学でアートを目指す学生が入学準備のための作品作りをするコースがあります。1年間のアート ファンデーション コース。地元ではリージョナル カレッジという職業訓練校のような学校にこのコースがあります。その作品展に行ってきました。

ういういしい作品もさることながら、アート学生や親たちのファッションも見ごたえがあります。学生たちはこの日の夜に打ち上げパーティがあるのでドレスアップしていますが、一部の親たちもそれに負けじとアーティーなファッションです。説明抜きでブリティッシュ アートをご覧ください(笑)。

(いつものように、写真をクリックすると拡大表示します)

Art_College_01.jpg01

Art_College_02.jpg02

Art_College_03.jpg03

Art_College_04.jpg04

Art_College_05.jpg05

Art_College_06.jpg06

Art_College_07.jpg07

Art_College_08.jpg08

Art_College_09.jpg09

Art_College_10.jpg10

Art_College_11.jpg11

Art_College_12.jpg12

Art_College_13.jpg13

Art_College_14.jpg14

Art_College_15.jpg15

Art_College_16.jpg16

Art_College_17.jpg17

Art_College_18.jpg18

Art_College_19.jpg19

Art_College_20.jpg20

Art_College_21.jpg21

Art_College_22.jpg22

Art_College_23.jpg23

Art_College_24.jpg24

Art_College_25.jpg25

Art_College_26.jpg26

Art_College_27.jpg27

Art_College_28.jpg28

Art_College_29.jpg29



お好きな写真がありましたら、コメントでいくつか教えてください。


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/06/28(日) 08:17:06|
  2. ブリティッシュ アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

V&A ミュージアム

バロック展をやっていたので、先週ロンドンの Victoria and Albert ミュージアムに行ってきました。略して V&A ミュージアム、こちらの呼び方のほうが一般的です。デザインが中心のコレクションですから、写真は少しありますが絵画はほとんどありません。陶磁器、家具、衣装類、ガラス細工、宝石、金属細工、写真、彫刻、織物などのコレクションです。ロンドンのおもな美術館はいまほとんどが無料です。

ここではバロック展については、みなさんご存知ですし範囲が広すぎるので述べませんが、ひとつだけ面白い展示品がありました。「バロック」の語源はご存知のように「歪んだ真珠」。16世紀末に始まった芸術の新思潮に対して、後世の人がその「悪趣味ぶり」を揶揄して「歪んだ真珠のように醜い」といったのが言葉の始まりだとか。この芸術が再評価されたのは20世紀に入ってからだそうです(なーるほど!)。

この言葉を象徴する次のような展示品がありました。
baroque-pearl.jpg


この美術館の様子をちょっと写真で紹介しておきます。とてもすてきな美術館です。

フランスの美術館もそうですがここも館内で(一部のを除き)写真撮影が許可されています。しかもフラッシュの使用ができます。教育を意識したとても素晴らしい方針です。

VA_Baroque_IMG_1292.jpg
中庭から見た建物の正面(ファサード)。

VA_Baroque_IMG_1289.jpg VA_Baroque_IMG_1290.jpg
テラスでお茶や軽食が食べられます。

VA_Baroque_IMG_1284.jpg
回廊の展示品を描いている人たちがいました。

VA_Baroque_IMG_1287.jpg
すてきなカフェテリアです。デザインはもちろんモダン調。

VA_Baroque_IMG_1286.jpg VA_Baroque_IMG_1288.jpg
すてきなデザインの部屋に持ってきて食べられます。

VA_Baroque_IMG_1283.jpg
正面受付にあるガラスの作品。V&Aらしいデザインです。


VA_Baroque_IMG_1300.jpg
受付も作品のうち!


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/07/22(水) 02:57:33|
  2. ブリティッシュ アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

オープン スタジオ

毎年7月にケンブリッジではアーティストのスタジオ(つまり仏語のアトリエ)を一般に公開して自分の作品を展示してくれるイベント Cambridge Open Studios (http://www.camopenstudios.co.uk/)があります。7月中の土日が公開日にあてられています。はじまりは 1974年、6人で始めたんだそうです。今年は200名以上のアーティストが参加しています。毎年地域が拡大していき、いまでは市内から25kmも離れている別の街のアーティストも含まれています。

7月の4回の週末の土日で15人くらいのスタジオを訪問してみました。家内はフラワーペインティング、私は写真が中心でいっしょに見てまわり、ケンブリッジにはたくさんの優れたアーティストがいるんだなあと、あらためて感心しました。

フルタイムのプロとして生活できる方は限られていますが、多くのかたが趣味以上のクォリティをもつ優れたアーティストです。ほとんどのかたが、自宅の庭にあるシェッド(小さな納屋)をスタジオとして使用しています。これがまたなんとも素敵なスタジオなんです。

Open_Studio_IMG_1327.jpg


Rosemary Myers (http://www.cambridge-crafts.co.uk/rozmyers.html)
まずはうちの近くのアーティストさん。いろいろなメディアを使用して(おもに水彩)、地方の建物や風景を描いています。
ここは自宅を拡張して作った専用スタジオ。広々としたすばらしい仕事場でした。
私好みなので、作品のプリントを2つも購入してしまいました。
Open_Studio_IMG_1263.jpg

Open_Studio_IMG_1382 enhanced
(この人の作品のなかでは異色のモノクロ作品)


Janet Edwards (http://uk.geocities.com/janetedwards350@btinternet.com/)
うちと同じヴィレッジに住んでおり、家内のお気に入りのモチーフと作風なので、何回かお邪魔しています。1日ワークショップも開催しています。デザインはカーテン地に使われていたりもします。
Janet Edwards


Ann Miles (http://www.pin-sharp.co.uk/)
実力派の女性写真家といった感じです。レクチャーやコースの講師もしています。
この写真も含めて何点か購入。風景以外にも、さすがにプロの作品と思わせるものがたくさんありました。
Ann Miles


Tina Bone (http://www.tinabonedtp.co.uk/)
ボタニカル アーティストとして優れています。自宅に高価なジクレー プリンタを持っていて、作品のプリントのほかにカードやカレンダーなども製作しています。
Tina Bone


Peter Cavaciuti (http://www.numasters.com/artists/view_artist.asp?sup_id=62&sid=inactive)
以前の「陶芸教室」でも紹介した南画と茶道の先生。Royal Academyの展覧会にもたびたび採用されています。
Open_Studio_IMG_1367.jpg

Open_Studio_IMG_1368.jpg


Deborah Meyler (http://www.deborahmeyler.com/)
写真もペインティングもやる若きママさんマルチアーティストです。
Deborah Meyler

Deborah Meyler2

Open_Studio_IMG_1334.jpg

Open_Studio_IMG_1329.jpg
(ここも納屋がスタジオです)


Mary Banham (http://www.camopenstudios.co.uk/artist.php?id=485&mod=nme)
プロ好みの作品です。友人の建築家に特別にデザインして建ててもらった自宅兼スタジオも素晴らしかったです。
Open_Studio_IMG_1350.jpg

Open_Studio_IMG_1346.jpg


Barbara McGirr (http://www.camopenstudios.co.uk/artist.php?mod=art&id=426&su=&fi=&me=&sy=&wk=4)
上記のBanhamさん宅での共同開催。ボタニカル アートで有名ですが、絵本用の絵もあります。
Barbara McGirr

Open_Studio_IMG_1344.jpg
この絵(オリジナル)を買いました。トンボとハチも描かれているイラスト(絵本用)です。


Jen Parker (http://www.camopenstudios.co.uk/artist.php?mod=art&id=162&su=&fi=&me=&sy=&wk=3)
版画家です。素敵なお人柄でみなさんから好かれているようです。
Open_Studio_IMG_1356.jpg

Open Stuio Jen Parker


Amanda Hall (http://www.amandahall-illustration.com/)
絵本のイラストレータ。かなりの出版物があります。フルタイムのアーティストさんです。作品を見て、いっぺんで好きになりました。日本語でも出版されるといいのですが。

Open_Studio_IMG_1365.jpg
作品を思わせるような素敵な裏庭とスタジオ(シェッド)。

Open_Studio_IMG_1362.jpg

Open_Studio_IMG_1363.jpg

Open_Studio_IMG_1361.jpg

ほしい作品がたくさんありすぎます。



テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/07/31(金) 02:26:55|
  2. ブリティッシュ アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

ヘッジホッグです

Author:ヘッジホッグです
95年から英国在住

ご訪問ありがとうございます。英国でハリネズミが歩くごとくボソボソと暮らしています(♂)。

気に入った記事には ヘッジホッグです ボタンを押してくれると嬉しいです。

コメントの入力ウィンドウが表示されていない場合は、コメント(記事下部)をクリックすると、コメントが入力できます。ひとこと書いてくださーい。名前(ニックネーム)とタイトルと本文だけで OK。パスワードを入れると後で自分で修正・削除できるみたいです。

ブログ ランキング参加中

下のボタンをポチッとお願いします。
blogram投票ボタン <----------

最近の記事(+コメント)

カテゴリ

日記 (57)
プラハの歩き方 (6)
ブリティッシュ アート (5)
蜷川幸雄ロンドン歌舞伎 (5)
Thriplow 水仙祭り (6)
旅行 (0)
Holga カメラ (3)
未分類 (1)

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。