英国ボソボソ暮らし

ヘッジなブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プラハの歩き方 目次

プラハの歩き方 目次

プラハの冬        (イントロ写真)

プラハの歩き方     (オンライン地図、時刻表などの便利ツール)

プラハのレストラン   (数件ですが実体験データです)

プラハのアート     (ぜひ見ておきたいアート)

ルーシー・ミュレロヴァ (絵本イラストレータについて)





★★★ どうか素晴らしいプラハの旅をしてきてください ★★★


スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2009/02/20(金) 07:00:00|
  2. プラハの歩き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プラハの冬

冬のプラハに行ってきました。少し寒いですが、すいていて楽しめました。まずは街の風景をいくつか。

プラハ城からの風景プラハ城からの景観
前日の雪が赤レンガ屋根に残り、ちょうどよいビジュアルエフェクトに。


Prague-cobbled_street.jpgヨーロッパの古い街はやはり石畳の路がいいですね。このくらいきれいに敷きつめられていると歩くのもらく。







街並み
Prague-street1.jpg  Prague-street2.jpg


プラハ城と国民劇場の夜景です
夜のプラハ城  プラハ国民劇場

ダンシング ビルディング                  Kampa Park は一流レストラン

宿泊したホテルMaMaison                (ちょっと高いけどお奨めです)

Riverside の対岸にある建物
ダンシング ビルディング                  レストラン Kampa Park

ブルタヴァ川の景観です。さてペンギンさんはどこへ行くのでしょうか
プラハのペンギン

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2009/02/20(金) 07:18:41|
  2. プラハの歩き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プラハの歩き方

プラハ旅行のためのリソースです。

オンライン地図
プラハのグーグル地図
プラハの位置関係を知るのに便利です。

大きな地図で見る

トラムと地下鉄の路線と駅を探すときにとても便利です。
たとえば空港から119番バスで市内のターミナル(終点)に着いたときに、そこから自分のホテルまで行くには何番のトラム(路面電車)に乗ればよいのかを調べることができます。(上図マップでは路線をクリックできないので、ここをクリックして別ウィンドウにマップを表示して行ってください)
プラハの路線



Mapy.czここをクリック
チェコのオンライン マップ。チェコ語だけですが、地図情報だけでなくホテル、レストラン、観光スポットなども総合的に調べられ超便利です。ホテルの受付嬢もこれを使いながらレストランを教えてくれました。
Mapy.cz





プラハのオンライン時刻表
地下鉄、トラム、バスのオンライン時刻表が見られます。ここをクリック

以下に空港ターミナル1(Terminál 1)からバス(119番)でDejvická (終点)にいき、そこからホテルの近くのArbesovo náměstí (トラム20番)へ行くときの時刻表を検索する例を示します。Date(日付は、日.月.年)は指定したほうでよいでしょう(土日で本数が変わるでしょうから)。Time(乗りたい時刻)も指定します。実際には、各自の目的地(To)を指定しますが、駅名はグーグルマップで調べるかここの [Map] ボタンを押してプラハの中心まで拡大して目的の駅(地下鉄かトラムかバス)を探してクリックします。
あとは [search] ボタンを押すだけ!
時刻表の検索

この例では、17:04発は AE (Airport Express) 、地下鉄A線、トラム12番を利用。運賃は56 Kc。
次の、17:08発は 市内バス(119番)、徒歩乗り換え(3分)、トラム20番を利用。運賃は26 Kc。このほうが安いですね。
時刻表の検索結果

[Connection details] をクリックすると、詳細な時刻表が表示されます。各駅のマップ付き! 乗換駅でさっそくマップを表示してみましょう。空港の高いタクシーなんて不要です。

補足:
ターミナル1を探す最初は検索のときに Terminál 1 と入力しても認識してくれません。[From] 入力欄の横にある [Map] ボタンを押してください。新しい空白画面になったらそこの [Map] ボタンを押します。Praha を中心としたチェコ全図が表示されますから、プラハを中心に少しずつ拡大していきプラハ空港を探します(プラハ市街の左少し上にあります)。最初はグーグルマップを併用しながら探すとよいでしょう。難しいようなら最初の From 入力欄にたとえば Airport Business Centre と入力してから Map ボタンを押すと、Airport Business Centre が検出されるのでそのリンクをクリックしてください。

プラハ空港ターミナル1のバス乗り場空港ターミナルビル前のバス乗り場が表示されたら、複数のバス停(青●)から目的の路線番号(この例では119番)を含むバス停をクリックします。






補足:チケットの購入について。(ターミナル1の場合)空港のロビーにでると、切符売り場のカウンタがありチケット(とりあえず 26 Kcの券)を購入できます。チケットの種類がかかれたメニュー(笑)を見せてくれるので指で指定するだけでも問題ありません。店員のおじさんは英語が話せました。チケットはどこでいつ購入してもかまわない共通券なので、最初にここで帰りの分や3日券なども購入するといいかもしれません。路線図や観光案内もくれます。

運賃表: http://www.dpp.cz/en/fares-in-prague/

路線図(ストップ): http://www.dpp.cz/download-file/2452-metro_tram-denni_provoz-zastavky.pdf(現地でも印刷版が入手できますが文字が小さいので、このPDFファイルで中心部を拡大してそこだけ印刷していくといいと思います。Adobe Readerの印刷オプションで「現在の表示範囲」を使用します。)
路線図(ライン): http://www.dpp.cz/download-file/1368-linkove_vedeni_tram_cs.pdf

空港バス乗り場バス乗り場は空港ビルを出てすぐ目の前です。




タイムスタンパー
初めて新しいチケットを使用するときは車内の黄色のボックスにチケットを少し入れて日時をスタンプします(これをしないと無効)。



ホテル・レストランのガイド
Tripadvisor(英語サイト、こちらのほうがデータ数が多い)ここをクリック
Tripadvisor(日本語サイト)ここをクリック

まずはここで、ホテルのレビューを読みましょう。レストランのレビューも参考になります。店舗数が多いので調べるのに大変ですが、ここでの調査をしっかりしておくと旅がいっそう楽しくなります。Mapy.czと併用すると便利です!


オペラなどのチケット
Bohemia Ticket(ボヘミアチケット)ここをクリック
オペラは早めに購入しましょう。Eチケットなので、自分でプリントアウトしたものがチケットになります。とても便利です。お出かけはそれなりの服装で。
国立オペラ劇場


オンライン為替換算
チェコの通貨はチェココルナ(CZK)。たとえば Universal Currency Converter で外貨の計算ができます。ここをクリック
おおよそ 100Kc = 440 円(2009年2月)


天気予報
たとえば英国のサイトの Weather Online で出発直前の 8 days 予報を調べるときに便利です。ここをクリック


プラハのライブカメラ
そのときの天候がわかります。ここをクリック

とくに時計塔の前のカメラ(ここをクリック)で旧市街の中心地が分かります。歩いている人の服装を見ると、もっていく自分の服装が判断できたりします(笑)。


プラハのオンライン道路状況
「歩き方」とはあまり関係ありませんが(笑)道路の状況がみられます。ここをクリック



★★★ どうか素晴らしいプラハの旅をしてきてください ★★★

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2009/02/21(土) 01:20:15|
  2. プラハの歩き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プラハのレストラン

プラハ旅行のためのリソースです。

プラハでいってみたレストランです(2009年2月)。参考程度に見てください。

カフェ レストラン
Café Savoy  ★★★★★
http://www.ambi.cz/ambi_cafesavoy_kontakt_eng.php
アールヌーボー調の中級レストラン。most Legií 橋の反対側なので観光客はあまり来ない様子(夏は混むのかも)。
Ambiente レストラングループのひとつ(店員に訊いたら市内に10店舗もあるそうです。Restaurante Brasileiro は625 Kc で食べ放題なので、Tripadvisor サイトで一番人気の評価でした。)
料理はどれも美味しそうで落ち着いた雰囲気。カップルには最適。ケーキもお奨め。夕食で 2 回利用しました。
タルタルステーキ(つまり生牛肉に香辛料を入れて食べます)。180グラム。
ウィンナーシュニッツェル(仔牛薄切り肉のとんかつ!)。とんかつソースがなくても(笑)とっても美味しいです。
両方ともグルメメニューのほうから注文(一皿320 Kcくらい)
Savoy    Savoy interia

Kavárna Obecní dům  ★★★★★
http://www.francouzskarestaurace.cz/en-francouzska.restaurace.html
(市民会館内のフレンチレストラン)アールヌーボー調の中高級レストラン。どのガイドにもでてますから説明はいりませんが、午後にコーヒーとケーキで一休みするのに最高。入口のすりガラスドアに撮影禁止のマークがありましたが、午後ですいていたので皆さんカメラを使っていました。地階のレストランも装飾で有名。
市民会館


高級レストラン
Kampa Park  ★★★★★
http://www.kampagroup.com/en/restaurant.php?rid=4
ここもどのガイドブックにものっている高級レストラン。味もサービスも大満足(二人で3コースでチップなどすべて合計して3,500 Kcくらいでしたのでとても割安です)。その日の午後5時ころに直接いって7:30pmの予約を取れました(冬だからかも)。ノンスモーキングだといったら川沿いのガラス張りのテラス席に(川越しに対岸の旧市街が見えるのでここをお奨め)。川面には白鳥が集まります(客が去った後、毎晩残り物をあげているそうです)。8時過ぎには席がいっぱいになりました。どのディッシュを注文してもクリエイティブな料理のようでした。最初にサービスでサーモンの刺身を出してくれました(ソースは醤油、オリーブオイル、バルサミコ、わさび。もっと食べたくなる美味しさでした。)

余談:9時ころに川面でとつぜん打ち上げ花火が始まりました。なぜこの時期に花火なのかウェイターに訊いても知らないと。誰かが個人的に許可を取って何かの記念に打ち上げた模様。ちょうど私の誕生日記念でしたのでラッキー。最後のお勘定のときにもラッキーなことが。支払のときに今日は誕生日だから私に代わって家内が支払うんだよーと言ったからなのか、1つのデザートを二人で分け合った慎ましやかな熟年夫婦(hahaha)に気を使ってくれたのか、担当ウェイター氏がリムジンのお申し出をしてくれました。近いので結構ですと家内は再三断ったのですが(タクシーだってぼられる可能性があるので再三ことわってました)、そうですかそうおっしゃるならご無理にはお奨めしませんが...。どうも話しのトーンが違う...。で、ちなみに私がこれって無料ですかと訊いたら返事は Yes! というわけでお抱え運転手がジャガーでホテルまで送ってくれました。おそらく有名人が来るとそんなサービスをするんでしょうね。いまだに理由がわからず謎。)
Kampa Park    花火


中高級レストラン
Vikárka  ★★★★★
http://vikarka.cz/en/
プラハ城内、聖ヴィート大聖堂の裏側の城壁沿い。ビストロとレストランの2つに別れているほうの「レストラン」。朝早くからプラハ城を見学していてもお昼過ぎにはなってしまいます。そこで、ふらっとこのレストランに入ってみました。一皿300 Kc 以上するくらいなので安いレストランではないのですが、「ツーリスト ランチ」なるチラシを発見。スープとメインで240 Kc! コーヒーとデザートや税金などを入れて結局二人で670Kcでしたが、シンプルなディッシュ(ダック)はとても美味しかったです。ここのツーリストメニューはだんぜんお奨め。
5Vikarka.jpg


カフェ
Café Louvre  ★★★
http://www.cafelouvre.cz/en/
1902年創業の名前(ルーブル)が示すとおり小粋なカフェ。カフカ、チャペック、アインシュタインなどが常連だったとか。ビルの2階です(最初まちがって1階の別のカフェに入ってしまいました)。禁煙席にしたのですがこれは小部屋なので、やはりメインの窓際に並んだテーブルをお奨めします。値段が値段なので味は期待しないほうがよいかと(私たちはブランチのつもりでオムレツを食べましたが...)。時間帯や注文内容にもよるのでしょうか、カバーチャージとして自動的にパンがバスケットに入れて出てきました(いらないのにねー)。ここは隣の地元客のようにコーヒー一杯でねばるところかも。これいらい、ツーリスティなカフェはやめました(ですからCafe Slaviaには行きませんでしたが、どうなんでしょうね)。
Cafe Louvre

Bohemia Bagel  ★★
http://www.bohemiabagel.cz/home.html
このところガイドブックなどにも載るようになってきた人気急上昇(?)のお手軽なベーグルショップ「ボヘミア ベーグル」。3店舗のうちのMala Strana店(小さいです)で朝食を食べました。下のメニューにある「Wake & Bake」なる激安ブレックファーストを注文。ボトムレスのコーヒー付きでなんと 89 Kc(月~金12:00まで)。お味は...訊かないでください、そういうお店ではないのですから(笑)。バックパッカーには超お奨め。
Bohemia Bagel    8Bohemia_Bagel_menu.jpg


レストラン
Nová Paluba  ★★★
http://www.novapaluba.cz/
私たちのホテルのすぐ近くにあることは事前に分かっていたのですがホームページ(チェコ語のみ)をみると、地元客だけが入る安いオフィス街(?)のレストランのような印象でしたので積極的には行こうと思いませんでした。帰国日の遅めの昼食をホテルの近くでと思って入ってみました。ポークソテーのマッシュルームソース(135 Kc)を注文。土曜の昼でほとんど客がいません。料理がなかなかでてきませんでしたが、食べてびっくり。とても美味しかったです。英語のメニューあり。
Nova Paluba



★★★ どうか素晴らしいプラハの旅をしてきてください ★★★

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2009/02/23(月) 21:23:07|
  2. プラハの歩き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プラハのアート

プラハ旅行のためのリソースです。

ミュシャ
プラハのアートといえばミュシャですね。
パリのベルエポック(19世紀末から第一次大戦勃発まで)で活躍した画家・デザイナ。「ミュシャ」はパリで活躍していたときのフランス語読み、チェコ語では「ムハ」。アール・ヌーヴォーを象徴する芸術家の一人。

ミュシャ モナコ・モンテカルロ ミュシャ レベリー Mucha Zodiac ミュシャ スラブ叙事詩


ミュシャの作品集『Mucha』 (by Sarah Mucha)(www.amazon.co.uk
ミュシャの孫の奥様が編纂した画集で、お奨めです。
内容がまったく同じ本がミュシャ美術館でも売っています(表紙が違うだけ、950 Kc なので Amazon.co.uk のこの本のほうが半額で買えます)。
ミュシャ本

ミュシャ美術館(Mucha Museum)ここをクリック
ここにはポスターを中心に当時の写真などが展示されています。ポスターやカードなどのグッズも購入できます。
ミュシャ博物館


スラブ叙事詩(Slavonic epopée)
大作のスラブ叙事詩シリーズはプラハにはありません。大きすぎます(6 x 8 メートル)。
Moravský Krumlovというチェコの南の国境に近い街のお城(?)にあります。下記「移転計画」参照
開館: 4月~10月のみ(ここをクリック
Moravský Krumlov のトラベル情報(ここをクリック


大きな地図で見る

参考資料(項目をクリック)
スラブ叙事詩
展示場の写真
移転計画(まだ難航している模様。結局将来的にもプラハ市内では展示できないのかも。)
移転計画ニュース(2008年11月の情報では、城のオーナーが市とのリース契約を取り消したため展示場所がなくなることになりそう。移転の最終決定は2009年春に行われる予定。)



聖アグネス修道院(Klášter sv. Anežky České、ナショナル ギャラリーに付属)
http://www.ngprague.cz/en/4/sekce/convent-of-st-agnes-of-bohemia/
中世絵画の一大コレクションです(必見)
聖アグネス修道院



フランク・ゲーリー(Frank Owen Gehry)
カナダ出身の米国の建築家。友人によると「ポスト・モダニズムの旗手として有名。旧来の縦の直線と横の直線を破壊するデザイン...」だそうです。チェコ建築家ヴラド・ミルニッチ(Vlado Milunić)との共同デザインで製作したプラハの Tančící dům (ダンシング ハウス)は世界的に有名。
ダンシングハウス


他に次のような作品があります。
Disney_Concert_Hall.jpg Wfm_stata_center.jpg Fish_dance.jpg
ディズニー・コンサート・ホールMIT ステイタ・センターフィッシュ・ダンス(神戸港)

(以上、「http://ja.wikipedia.org/wiki/フランク・ゲーリー」より引用)


カンパ美術館(Museum Kampa) http://www.museumkampa.com/en/
常設展示: フランティセック・クプカ(František Kupka、1871-1957)抽象絵画・非具象絵画の最初期の作家の1人。具象から抽象への変遷が見られます。
Kupka.jpg

ダヴィッド・チェルニー(David Černý、気鋭の若手アーティスト)ここをクリック
プラハのベビー  テレビ塔のベビー(プラハ市内のテレビ塔)

川辺に「ペンギン」あり。
ペンギン




プラハの街の中のアート
街角で何げなくであう装飾。だからプラハは素敵ですね。
Prague-IMG_2377.jpg   Prague-IMG_2386.jpg  Prague-IMG_2418.jpg

Prague-IMG_2420.jpg   Prague-IMG_2421.jpg  Prague-IMG_2424.jpg

Prague-IMG_2425.jpg   Prague-IMG_2426.jpg  Prague-IMG_2428.jpg

Prague-IMG_2430.jpg   Prague-IMG_2431.jpg  Prague-IMG_2432.jpg

Prague-IMG_2433.jpg   Prague-IMG_2434.jpg  Prague-IMG_2437.jpg

Prague-IMG_2440.jpg   Prague-IMG_2441.jpg  Prague-IMG_2568.jpg




★★★ どうか素晴らしいプラハの旅をしてきてください ★★★

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2009/02/28(土) 22:48:22|
  2. プラハの歩き方
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:10

ルーシー・ミュレロヴァ

プラハ城のなかの「黄金の小路」を見物していたときに、そこに並ぶお土産やに混じって Vitalis 社の小さな出店がありました。ここで手に入れたのがこの素晴らしいイラストの童話本です。
Tschechische_Marchen.jpg
(実際に購入したのはこれの英語版『Czech Fairytales』)

内容も面白いですが、イラストが秀逸です。イラストレータは Lucie Müllerová (ルーシー・ミュレロヴァ)さん。まだ 31 才くらいです(2009年時点)。調べてみてもあまり情報はないのですが、次のようなことがわかりました。
mullerova_lucie1.jpg
略歴: 1977年11月17日チェスキー・クルムロフ生まれで、現在もそこに在住。2002年オーストリア・リンツ芸術アカデミーでグラフィックデザインを勉強。卒業後プラハの Vitalis 出版社で働く。

Vitalis 出版社から出されている童話本のイラストは、ほぼすべて彼女が描いています。次のような童話本があります。この人の絵を見ていると、チェスキー・クルムロフ生まれということがなんとなく納得できます。実際、本人もそのことに言及した発言もしています。

これらの本の詳細については、Vitalis 出版社のウェブサイトにある童話のページhttp://www.vitalis-verlag.com/maerchenreich.php (ドイツ語)を参照してください。

Bergkristall.jpg     Judische_Marchen_und_Legenden.jpg

Krambambuli.jpg     Marchen_Sagen_und_Legenden.jpg

Marchenreich.jpg     Nusknacker_und_Mausekonig.jpg

Osterreichische_Marchen.jpg


『The Fire Bird and Red Fox』(Czech Fairytales収録)より
あるとき黄金の実のなるリンゴの木のある庭をもつ王様がいました。その木は毎日ひとつ黄金のリンゴを作ります。朝に花が咲き、昼に実になって、暗くなると成長し、夜に熟しますが、朝になると黄金の実が見あたりません。どこかに消えていってしまいます。王様は不思議がり息子たちに寝ずの番を命じます。まず一番目の息子が挑戦しますが途中で眠ってしまい、朝になると黄金のリンゴが消えています。つぎに二番目の息子が挑戦しますが途中で眠ってしまいます。最後に三番目の息子が挑戦します。かれは眠らないようにヘッジホッグのとげとげの皮を持参し膝にかけます。眠れば手がそこに落ち、痛くてすぐに目が覚めます。深夜になったとき、一羽の炎の鳥が飛んできて黄金のリンゴの実をくわえていってしまいました...。
Red Fox 赤キツネが飛び出してきてカラスを捕まえた(82頁より)



Vitalis 出版社
について
http://www.vitalis-verlag.com
1993年設立の、プラハで唯一のドイツ語の出版社です。カフカの本も含め、ほとんどが他言語にも翻訳出版されています。プラハガイドブックには日本語版もあります。

Vitalis_shop.jpg
このプラハ城の出店で働いていたお兄さん(ハイデルベルク大学の博士課程の学生さん)によると、社員総数がなんと 6 名だそうです。出版物を見ると、小規模ながら良質の本を制作していることがよくわかります。



★★★ どうか素晴らしいプラハの旅をしてきてください ★★★

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2009/03/08(日) 07:59:32|
  2. プラハの歩き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ヘッジホッグです

Author:ヘッジホッグです
95年から英国在住

ご訪問ありがとうございます。英国でハリネズミが歩くごとくボソボソと暮らしています(♂)。

気に入った記事には ヘッジホッグです ボタンを押してくれると嬉しいです。

コメントの入力ウィンドウが表示されていない場合は、コメント(記事下部)をクリックすると、コメントが入力できます。ひとこと書いてくださーい。名前(ニックネーム)とタイトルと本文だけで OK。パスワードを入れると後で自分で修正・削除できるみたいです。

ブログ ランキング参加中

下のボタンをポチッとお願いします。
blogram投票ボタン <----------

最近の記事(+コメント)

カテゴリ

日記 (57)
プラハの歩き方 (6)
ブリティッシュ アート (5)
蜷川幸雄ロンドン歌舞伎 (5)
Thriplow 水仙祭り (6)
旅行 (0)
Holga カメラ (3)
未分類 (1)

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。