英国ボソボソ暮らし

ヘッジなブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

茶懐石もどき

このところ茶の湯の稽古に励んでおりまして、12月はロンドンで正式な茶事の練習に参加させてもらいました。先週は当地の茶道クラブの初点式(初釜)がありまして、お客様(身内)10人を2回に分け、簡単な茶事(茶会)を行いました。私はそれぞれ懐石の一部と半東を担当しました。

Hatsudate_IMG_1947.jpg


で、何を作ったかといいますと、茶懐石もどきならぬ「がんもどき」です。関西では飛竜頭と呼ぶそうな。ポルトガル語が語源とか。12月の茶事の練習でけっこう簡単に美味しいものができることがわかり、それ以来わが家では3回くらい試しております。日本だと簡単に買えるものがこちらではそうはいかないので、自分で作るしかありません。基本的に茶懐石は亭主が自分で作るので状況と要件が一致しました(笑)。今回、煮物椀と向付けを担当しました。

がんもどき
豆腐に海老のすり身と、ひじき、ニンジンのみじん切り、グリーンピース(銀杏のかわり)が入っています。
(練習用なので雑に盛り付けてありますが、本番はもう少しきちんと)
Ganmodoki_IMG_1882.jpg


オレンジ釜(柚子釜もどきです)
海老、帆立貝、シーバス(つまり、すずき)、しめじ、デーツ、オレンジが入り、梅肉ドレッシング(梅肉、オイル、醤油、砂糖)がかけてあります。青葉はラム レタス。
デーツ(なつめやしの実)のスライスを2切れ入れたのが好評でした(最初は誰も何だか分からなかったようです)。干し柿のような味覚です。
Hatsudate_IMG_1945.jpg


待合(というものを特別に設えてあるわけではないので、和室の上がり口なのですが)でお出しした白湯のための茶碗も好評でしたので、写真を載せておきます。
ウェッジウッドの「ハンティング シーン」というデザイン シリーズなのですが、これは珍しい日本の湯飲み茶碗です。
お出ししたのは梅酒のお湯割。
ハンティング シーンのデザインは、最初は 1950 年代にクラウン スタッフォード社が製作したもの。その後、80年代にコールポート社に買収され、最終的に 1992 年にウェッジウッドに移されて製作が再開されたものです。
Huntingu_Scene_IMG_1959.jpg




スポンサーサイト

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2010/01/27(水) 01:26:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:16
次のページ

プロフィール

ヘッジホッグです

Author:ヘッジホッグです
95年から英国在住

ご訪問ありがとうございます。英国でハリネズミが歩くごとくボソボソと暮らしています(♂)。

気に入った記事には ヘッジホッグです ボタンを押してくれると嬉しいです。

コメントの入力ウィンドウが表示されていない場合は、コメント(記事下部)をクリックすると、コメントが入力できます。ひとこと書いてくださーい。名前(ニックネーム)とタイトルと本文だけで OK。パスワードを入れると後で自分で修正・削除できるみたいです。

ブログ ランキング参加中

下のボタンをポチッとお願いします。
blogram投票ボタン <----------

最近の記事(+コメント)

カテゴリ

日記 (57)
プラハの歩き方 (6)
ブリティッシュ アート (5)
蜷川幸雄ロンドン歌舞伎 (5)
Thriplow 水仙祭り (6)
旅行 (0)
Holga カメラ (3)
未分類 (1)

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。